将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

《日程&結果》

2016年度 将棋日本シリーズ 東海大会 JTプロ公式戦 準決勝第一局

開催日:10月2日(日)
会場:ポートメッセなごや 第2展示館

深浦康市 九段プロフィール

佐藤天彦 名人プロフィール

将棋日本シリーズ 東海大会 JTプロ公式戦
  • 解説:藤井 猛 九段
  • 聞き手:室谷由紀 女流二段
  • 読み上げ:伊藤明日香 女流初段

122手にて佐藤(天)名人の勝ち!

※タイトル・段位は2016年10月3日現在のものです。

勝者の佐藤(天)名人は、10月23日(日)に東京都で行われる「決勝戦 東京大会」で佐藤康光九段または豊島将之七段(準決勝第二局勝利者)と対局!!

大盤解説者・藤井九段の講評

前夜祭での両者のコメントでは、佐藤(天)名人は「深浦九段は同じ九州出身の先輩です。非常に粘り強い棋風で、闘志あふれる将棋を指すイメージです。この棋戦は公開対局で行われる唯一の棋戦ですので、お客さんの反応を楽しみながら指せるよう頑張りたいと思います」。対する深浦九段は「佐藤(天)名人は九州の後輩で、対戦するのが楽しみな棋士の一人です。対局するたびに力を付けてきているのを感じています。私は2回戦で優勝候補である羽生善治三冠に勝ってここに来ていますので、その勢いをそのままに頑張りたいと思います」と意気込みを語った。
振り駒はと金が3枚で、深浦九段の先手と決まる。
角換わり腰掛け銀となるが、後手の佐藤(天)名人は、△4二玉△6二金△8一飛の形から、先に△6五歩と突っかける。先手は▲4五歩~▲4六角と類例を離れて、未知の戦いに突入。
歩を駆使しながら、お互い攻めては受ける渋い応酬が続き、バランスの取れた中盤戦が続いたが、深浦九段の91手目▲6四角が失着。後手の△9五香捨て~△8九飛成が実現しては勝負あり。初出場ながら、佐藤(天)名人が決勝進出を決めた。なお、大盤解説の藤井九段の講評は以下の通り。
「44手目△7五歩のところで封じ手にしたのですが、その前の△6四歩のところで封じるべきでした。というのは、この将棋は△6四歩までは前例があって、▲4五歩~▲4六角が深浦九段の用意していた新構想だったからなのです。▲4五歩の手前で封じ手にしておけば、もっと後手に考えさせることになったはずでしょうから。うーん、そういうところも含め、佐藤(天)名人に運があったということかもしれませんが(笑)。途中は攻めては受けるプロらしい将棋で、優劣不明。いや先手がちょっといいのかな。80手目△7六桂に対して▲9七玉は力強い手でしたが、▲8七玉も有力でした。でも91手目▲6四角が深浦九段らしくない一手ばったりの手で、いっぺんに悪くしました。何はともあれ、▲8五歩と飛車先を押さえておけば、まだまだ難しかった。『▲4四歩の拠点が出来て、行けるのかと錯覚しました』(深浦九段)とのことでしたね。この将棋で、△6三金という手が3回現れているのです。序盤(48手目)と終盤に2回(98手目、106手目)ですね。特に最後の△6三金は、敵の馬に当てて、自玉を安全にする味の良い手で、優勢を拡大した決め手と言えると思いますね。本局は途中まで非常にバランスの取れた内容だっただけに、深浦九段とすれば失着が悔やまれる一局でした」。

勝利棋士佐藤(天)名人のコメント

△4二玉△6二金△8一飛の形は最近流行していますし、後手になったらやってみようと思っていました。でも▲2四歩~▲2二歩の乱しが結構厳しくて、こちらとすると、ただ攻めるだけという展開にはならないのですね。自陣をいったん直さないといけない。継ぎ歩してから△3二金というのはそういう意味で、玉形が堅ければ△7四金といけるのですが。
91手目▲6四角で▲8五歩とされたら、△3六角成としても▲6四角と逃げられますし、先手玉も安全になります。▲4四歩と垂れているので、次に自分の攻めがどのくらい行けるのか、わからなかったですね。難しい将棋になったと思います。△6三金が勝負を決めた手? 確かに馬を追って、あそこで優勢になったという感じはありました。
初出場で勝手が分からずやってきましたが、結果が出たのは幸運でした。せっかくここまで来ましたので、次も目の前の将棋を大切にするという気持ちは忘れずに頑張りたいと思います。

棋譜

深浦康市 九段

佐藤天彦 名人

(持ち時間各10分間)

【操作方法】
  • >>10手進める
  • <<10手戻す
  • >1手進める
  • <1手戻す
  • 反転棋譜を反転

棋譜(テキスト)

深浦康市 九段

佐藤天彦 名人

(持ち時間各10分間)

    • 2六歩
    • 8四歩
    • 7六歩
    • 3二金
    • 7八金
    • 8五歩
    • 7七角
    • 3四歩
    • 8八銀
    • 7七角成
    • 同 銀
    • 4二銀
    • 3八銀
    • 7二銀
    • 4六歩
    • 6四歩
    • 3六歩
    • 6三銀
    • 6八玉
    • 7四歩
    • 4七銀
    • 7三桂
    • 5八金
    • 6二金
    • 9六歩
    • 1四歩
    • 1六歩
    • 9四歩
    • 6六歩
    • 3三銀
    • 5六銀
    • 4二玉
    • 7九玉
    • 5四銀
    • 3七桂
    • 8一飛
    • 2五歩
    • 6五歩
    • 同 歩
    • 同 桂
    • 6六銀
    • 6四歩
    • 4五歩
    • 7五歩
    • 4六角
    • 7六歩
    • 6四角
    • 6三金
    • 4六角
    • 6四歩
    • 6七金右
    • 8六歩
    • 同 歩
    • 同 飛
    • 8七歩
    • 8一飛
    • 2四歩
    • 同 銀
    • 2二歩
    • 同 金
    • 4四歩
    • 同 歩
    • 4五歩
    • 8八歩
    • 同 玉
    • 6九角
    • 4四歩
    • 8六歩
    • 同 歩
    • 8五歩
    • 同 歩
    • 3二金
    • 7六金
    • 7四金
    • 7七桂
    • 同桂成
    • 同 銀
    • 7五歩
    • 8六金
    • 7六桂
    • 9七玉
    • 9五歩
    • 同 歩
    • 8五金
    • 同 金
    • 同 飛
    • 8六金
    • 8一飛
    • 8二歩
    • 同 飛
    • 6四角
    • 9六歩
    • 同 玉
    • 9五香
    • 同 金
    • 8九飛成
    • 4五桂打
    • 6三金
    • 5三桂成
    • 同 金
    • 4三香
    • 5二玉
    • 7三角成
    • 9四歩
    • 8五金
    • 6三金
    • 8四馬
    • 7三桂
    • 8七歩
    • 9九龍
    • 9七歩
    • 8一香
    • 6四歩
    • 8四香
    • 6三歩成
    • 同 銀
    • 8四金
    • 7八角成
    • 5五香
    • 5四歩
    • 8六銀
    • 7七角

消費時間=10分10分

まで122手で後手の勝ち

将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00~18:00
休業日 : 土日祝日