将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

《日程&結果》

2016年度 将棋日本シリーズ 大阪大会 JTプロ公式戦 準決勝第二局

開催日:10月8日(土)
会場:大阪市中央体育館 メインアリーナ

豊島将之 七段プロフィール

佐藤康光 九段プロフィール

将棋日本シリーズ 大阪大会 JTプロ公式戦
  • 解説:山崎隆之 八段
  • 聞き手:村田智穂 女流二段
  • 読み上げ:長谷川優貴 女流二段

93手にて豊島七段の勝ち!

※タイトル・段位は2016年10月12日現在のものです。

勝者の豊島七段は、10月23日(日)に東京都で行われる「決勝戦 東京大会」で佐藤天彦名人と対局!!

大盤解説者・山崎八段の講評

前夜祭での両者のコメントでは、佐藤(康)九段は「豊島七段はここ数年どの棋戦でも常に上位に顔を出している実力者です。隙のない、そつのない将棋を指すイメージです。大阪府でのJTプロ公式戦は久々ですが、私は元々京都府の出身ですので、応援してくださる方も多いと思っておりますので、精いっぱい頑張りたいと思います」。対する豊島七段は「このJTプロ公式戦は実力上位の方が出場する棋戦ですので、私としては思い切ってやるだけです。佐藤(康)九段は独創的な力強い将棋です。昨年の大阪大会では負けていますので、今回は頑張ります。早指しですので、集中していい将棋を指せるよう全力を尽くしたいと思います」と意気込みを語った。
振り駒はと金が3枚で、豊島七段の先手と決まる。
後手の佐藤(康)九段は角交換からダイレクト向かい飛車を採用。先手は右銀を7四に繰り出したのに対し、後手は△6四金と金を投入してペースをつかんだかに見えた。しかし豊島七段は容易に崩れない。▲3九香で後手の攻撃を受け止めて、▲7五銀から飛車を奪って逆転模様。最後は佐藤玉を即詰に討ち取って、豊島七段が初の決勝進出を決めた。なお、大盤解説の山崎八段の講評は以下の通り。
「佐藤(康)九段はダイレクト向かい飛車にしましたが、それに対し豊島七段の▲6五角は最近では珍しい手です。定跡の本には載っているのですけど。先手は右銀を7四に持って行って、玉頭戦に持ち込もうとしましたが、48手目△6四金が手厚い手で、佐藤(康)九段が若干指しやすくなったと思いました。
しかし豊島七段がそこから容易に崩れないのですね。▲3九香で後手の攻めを受け止めて、取られそうな桂も逃げ出せましたから。容易に崩れない強さを見ました。大局観が良いというのでしょうか。後手に決め手を与えないのですね。70手目△6四飛では△5四飛もあったと思いますが、これも難しいですね。感想戦で佐藤(康)九段のコメントで『80手目△4六歩が利いていなかったですね。あそこで何かないといけませんでした』とありましたね。実際に勝ちを決めたのは、81手目▲8一飛でした。残っていた考慮時間2分を投入して読み切ったわけですが、こういうシンプルな手が一番厳しいのですね。でも本局で私の印象に残った手は、57手目の▲9一成銀です。普通こんなそっぽに行く手は指したくないのですが、香を入手したことで、▲3九香の受けを作っているのです。結果的に佐藤(康)九段の焦りを誘ったことになりました。好成績を残している豊島七段の強さを垣間見た気がしました」。

勝利棋士豊島七段のコメント

ダイレクト向かい飛車なら、▲6五角はやってみようと思っていた手です。封じ手のところでは▲3七桂も考えました。△3六銀なら▲同銀△同歩▲3一銀△3七歩成▲2二銀不成△3八とで決戦になりますが、△3四銀と引かれるとつまらないと思って止めました。△6四金と打たれたあたりはちょっと悪くしたと思います。山崎八段が▲9一成銀を絶賛? あそこでは香を取らないといけないので、仕方なく指しました。△7四角は厳しい手でしたが、△3七歩成に▲同金と取る手もあったと思います。△2九角成なら▲同飛△3七飛成に▲3八香と打つ手があるのです。△同龍なら▲8三角の王手龍取りです。実際は△3七歩成に▲同桂としましたが、両方あるのは少し局面が好転したのかなという感じがしました。終盤80手目△4六歩とされたところでは何か手があるはずだと思い、考慮時間を使いました。▲8一飛では▲6二桂成~▲5四桂も考えました。
決勝ですが、東京会場は初めてですからそれが楽しみです。佐藤(天)名人とは結構たくさん指しているのですが、名人を取られるなどかなり先を越されていますので、ここで一発入れたいですね。とにかく熱戦にできるよう、頑張りたいと思います。

棋譜

豊島将之 七段

佐藤康光 九段

(持ち時間各10分間)

【操作方法】
  • >>10手進める
  • <<10手戻す
  • >1手進める
  • <1手戻す
  • 反転棋譜を反転

棋譜(テキスト)

豊島将之 七段

佐藤康光 九段

(持ち時間各10分間)

    • 7六歩
    • 3四歩
    • 2六歩
    • 8八角成
    • 同 銀
    • 4二銀
    • 6八玉
    • 3三銀
    • 4八銀
    • 2二飛
    • 6五角
    • 7四角
    • 4三角成
    • 4二金
    • 6一馬
    • 同 玉
    • 7五金
    • 3五歩
    • 7八玉
    • 7二玉
    • 7四金
    • 同 歩
    • 4六歩
    • 6二銀
    • 4七銀
    • 5四歩
    • 7七銀
    • 3四銀
    • 2五歩
    • 3三桂
    • 3六歩
    • 同 歩
    • 同 銀
    • 3五歩
    • 4七銀
    • 2五銀
    • 5八金右
    • 2四歩
    • 5六銀
    • 3四銀
    • 6五銀
    • 2五歩
    • 7四銀
    • 2四飛
    • 2七歩
    • 3六歩
    • 4七金
    • 6四金
    • 5六角
    • 5五歩
    • 8三銀成
    • 6一玉
    • 3四角
    • 同 飛
    • 8二成銀
    • 7三桂
    • 9一成銀
    • 7四角
    • 5八金
    • 3七歩成
    • 同 桂
    • 3六歩
    • 3九香
    • 5六歩
    • 同 歩
    • 6五金
    • 4五桂
    • 同 桂
    • 3六香
    • 6四飛
    • 4五歩
    • 8五桂
    • 7五銀
    • 7七桂成
    • 同 桂
    • 7六金
    • 6四銀
    • 同 歩
    • 5四桂
    • 4六歩
    • 8一飛
    • 7一銀
    • 7二歩
    • 同 玉
    • 7三歩
    • 6三玉
    • 7一飛成
    • 5四玉
    • 6六桂
    • 同 金
    • 同 歩
    • 4七歩成
    • 4四金
    •  

消費時間=10分10分

まで93手で先手の勝ち

将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00~18:00
休業日 : 土日祝日