将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

「JTプロ公式戦」の概要

  • 「JTプロ公式戦」とは
  • 「JTプロ公式戦」の概要
  • 日程&結果
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 歴代優勝者/準優勝者一覧

大会要項

出場資格 : JT杯覇者(前回優勝者)と2016年2月29日時点の日本将棋連盟公式戦タイトルホルダー(竜王・名人・王位・王座・棋王・王将・棋聖)および2015年賞金ランキング上位の棋士、合計12名。
賞金 : 優勝賞金500万円/準優勝賞金150万円
ルール : 先手振り駒、平手、持ち時間各10分。持ち時間を使い切ったら一手30秒未満。考慮時間各1分×5回、時間切れは負け。
規定 : 出場棋士12名による1番勝負のトーナメント戦によって優勝を決定。出場優先順位の上位4名の棋士がシードとなり、二回戦からの出場で実施。
千日手・持将棋 : 千日手(同一局面が連続して4回出現した場合)や持将棋(互いに詰ますことが望めない状況になった場合=引き分け)となったときは、先手後手を入れ替えて初手より1手30秒未満の秒読みで指し直します。

特徴

日本将棋連盟の公式戦

「将棋日本シリーズ JTプロ公式戦」の対局は、すべて生涯成績として記録されます。それだけに、どの棋士も真剣そのもの。

一回戦から決勝戦まですべて公開対局

全対局がファンに公開されているだけではなく、先手後手を決める振り駒から終局までのまるまる一局をライブでご観戦いただけます。

出場資格はトップ12棋士まで

“出場できるだけで一流の証”と言われる「将棋日本シリーズ JTプロ公式戦」に出場できるのは、前年度のJT杯覇者とタイトルホルダー、そして賞金獲得ランキング上位の順で12名まで。厳しい出場資格によって選ばれた、将棋界最高峰に君臨する、トッププロ棋士たちによる公式戦です。

大盤解説者は、輝かしい実績を持つ有名棋士

輝かしい実績を持つ有名棋士が、人気女流棋士を聞き手に、同時進行で“プロの本気”を解説。プロの高度な技を、大盤を使って分かりやすく解説するので、初心者でも楽しく観戦できます。

対局の序盤から中盤にかけて、封じ手予想クイズを実施

局の序盤から中盤にかけての局面で、封じ手(次の指し手を紙に書いて読み上げに預け、休憩に入る)があります。観客の皆さんに、封じ手を当てるクイズを出題。解説者と聞き手からヒントが出るので、将棋に詳しくなくても参加できます。

超早指しルール

持ち時間はそれぞれ10分。1分単位で5回ずつ取れる考慮時間を加えても、考える時間は1人15分のみ。後は1手30秒未満で指さなくては負けになるスピード戦です。だからこそ、スリリングな勝負が展開され、名局や秀局が生まれやすいと言われています。

将棋日本シリーズに関するお問い合わせ

『将棋日本シリーズ』総合事務局

お問い合わせの際は、いま一度番号をご確認の上、お掛け間違いのないよう、お願い申し上げます。

電話番号 : 03-5166-0290
受付時間 : 平日10:00~18:00
休業日 : 土日祝日