将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

日程&結果

2017年度二回戦第四局

対局概要

大会日時 2017年9月23日(土・祝) 14:55開演予定(13:10開場予定)
会場 グランメッセ熊本 展示ホールC・D
現地観戦のご案内
対局棋士

羽生善治 二冠 対 森内俊之 九段
棋士プロフィール

羽生善治 二冠
森内俊之 九段
出演棋士 大盤解説:木村一基 九段
聞き手:室谷由紀 女流二段
読み上げ:高浜愛子 女流2級
対局の見どころ
羽生二冠対森内九段、135回目のライバル対決
「将棋日本シリーズ 第38回JTプロ公式戦」二回戦第四局熊本大会は、羽生善治二冠対森内俊之九段戦。熊本大会は、羽生二冠は2015年(第36回)以来2年ぶり7回目、森内九段は1998年(第19回)以来19年ぶり2回目の登場となる。
羽生二冠は1970年9月生まれ、埼玉県所沢市出身、(故)二上達也九段門下。82年の奨励会入会同期には、森内九段、佐藤康光九段、郷田真隆九段らがいる。85年12月、史上3人目の中学生棋士。95年には史上初のタイトル七冠独占。タイトル獲得数98期は史上1位。「JTプロ公式戦」は28年連続28回目の出場、優勝5回、準優勝5回。趣味はチェスで、日本では第一人者。
森内九段は1970年10月生まれ、横浜市出身、勝浦修九段門下。奨励会入会は羽生二冠らと同期。タイトル獲得数は通算12期。永世名人の資格保持者。「JTプロ公式戦」は23年連続23回目の出場、優勝1回、準優勝2回。今年5月から日本将棋連盟専務理事。一回戦で久保利明王将を破っての二回戦進出。趣味はチェス、バックギャモン、クイズ。
羽生二冠はどんな戦型も指しこなすオールラウンダー。柔軟な思考で、曲線的な手順を生み出す。終盤の“羽生マジック”は逆転の代名詞として知られている。森内九段は重厚な棋風で、均衡した局面からわずかな利を求めていく将棋。強靭な受けを得意とし、相手の攻めをしのいで勝ちに行く。「鉄板流」と呼ばれることも。
両者は過去134戦して羽生二冠の76勝58敗。森内九段が一時期対戦成績を接近させたが、最近10局では羽生二冠が9勝1敗と突き離している。「JTプロ公式戦」では過去5回の対戦があり、森内九段が4勝1敗としている。最近の両者の対戦では、矢倉がもっとも多く、次いで角換わり腰掛け銀、相掛かり、横歩取りの採用となっている。以前はたまに振り飛車もあったが、最近ではその頻度は低くなっている。
イメージとしては羽生二冠が先攻し、森内九段が反発をしていく展開が予想される。「JTプロ公式戦」としても久しぶりに矢倉のじっくりした戦いが見られるかもしれない。小学生名人戦から続くライバル対決に注目だ。
木村九段のユーモラスな解説が楽しみ
大盤解説はこの6月に九段に昇段した木村一基九段。タイトル戦登場6回の実力者だが、解説のわかりやすさに定評がある。いろいろな話題に触れて、聞くものを飽きさせない。聞き手の室谷由紀女流二段との息の合った掛け合いで、面白いエピソードが出てくるに違いない。

現地観戦のご案内

観戦について
入場無料・公開ライブ
  • 観戦をご希望の方は、直接会場へお越しください。
  • 満員の際は入場をお断りする場合がありますので、お早めにご来場ください。
  • 「封じ手予想クイズ」「勝利者予想クイズ」などプレゼントもご用意しています。
会場/アクセス
グランメッセ熊本 展示ホールC・D
〒861-2235
熊本県上益城郡益城町福富1010
TEL:096-286-8000

大きな地図でみる

【アクセス】
  • 熊本駅または熊本交通センターから産交バス【空港リムジンバス 阿蘇くまもと空港行】または【快速たかもり号 高森中央行】で40~50分、「グランメッセ前」下車徒歩3分。
将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会