将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会

日程&結果

2018年度準決勝第二局

  • スマートフォンでJTプロ公式戦の棋譜中継をご覧いただく場合は「日本将棋連盟ライブ中継」のアプリが必要です(無料)

対局概要

大会日時 2018年10月27日(土) 15:45開演予定(14:00開場予定)
会場 丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館) メインアリーナ
現地観戦のご案内
対局棋士

丸山忠久 九段 対 菅井竜也 七段
棋士プロフィール

丸山忠久 九段
菅井竜也 七段
出演棋士 大盤解説:糸谷哲郎 八段
聞き手:村田智穂 女流二段
読み上げ:里見咲紀 女流初段
対局の見どころ
丸山九段対菅井七段。世代間対決の一局
「将棋日本シリーズ 第39回JTプロ公式戦」準決勝第二局大阪大会は、丸山忠久九段対菅井竜也七段戦。大阪大会は、丸山九段は4年ぶり4回目、菅井七段は初のお目見えとなる。
丸山九段は1970年生まれ、千葉県木更津市出身、故佐瀬勇次名誉九段門下。研修会から奨励会へ転入後、一芸入試で早稲田大学合格と前後して四段昇段。タイトル獲得3期。「JTプロ公式戦」は2年連続20回目の出場、優勝2回、準優勝1回。今回は一回戦で久保利明王将、二回戦で佐藤天彦名人を破って準決勝進出を果たした。
菅井七段は1992年生まれ、岡山県岡山市出身、井上慶太九段門下。2004年の奨励会入会同期には、斎藤慎太郎七段、永瀬拓矢七段らがいる。タイトル獲得は王位1期。平成生まれのタイトルホルダー第一号となる。「JTプロ公式戦」は今回初出場。二回戦で中村太地王座を破って準決勝に進出。
丸山九段は居飛車党で、角換わり腰掛け銀を得意としている。リードしてからの手堅い指し回しは「激辛流」と呼ばれることもある。
菅井七段は数少ない振り飛車党。中飛車、三間飛車を得意とする。また研究家としても知られ、「菅井新手」と呼ばれる新工夫により、升田幸三賞を受賞している。
両者は年齢差が22歳あり、さらに所属が東西に分かれていることもあり、過去わずか6戦しか対戦していない。対戦成績は菅井七段が5勝1敗とリード。最初に丸山九段が勝った後、菅井七段が5連勝中という状況だ。千日手2回指し直しの末、菅井七段が勝利した対局もある。過去の戦型を見ると、中飛車、三間飛車、向かい飛車、相振り飛車、角換わり腰掛け銀、その他が各1局ずつ。
最新の対戦が角換わり腰掛け銀というところが興味深いところではあるが、やはり菅井七段の振り飛車に対し、丸山九段の居飛車という対抗形になる公算が高い。丸山九段の対策に対し、菅井七段がどう反発していくか。序盤からいきなりマウントの取り合いになる可能性もあり、目の離せない緊迫した進行が予想される。
糸谷八段、村田女流の関西コンビ解説
大盤解説は糸谷哲郎八段。なぜ彼が出場していないのか不思議なくらいだが、最近まで八つのタイトルが分散していた特殊な状況のためからか。広島県出身であり、タイトル経験者であり、関西所属である。年齢は4歳違うが、菅井七段と共通する部分も多い。また、聞き手の村田智穂女流二段も関西所属。菅井七段についてのいろいろな話やこれからの将棋界について、テンポよく糸谷八段から引き出してくれるに違いない。
  • タイトル・段位は2018年9月27日現在のものです。

現地観戦のご案内

観戦について
入場無料・公開ライブ
  • 観戦をご希望の方は、直接会場へお越しください。
  • 満員の際は入場をお断りする場合がありますので、お早めにご来場ください。
  • 「封じ手予想クイズ」「勝利者予想クイズ」などプレゼントもご用意しています。
会場/アクセス
丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館) メインアリーナ
〒552-0005
大阪府大阪市港区田中3-1-40
TEL:06-6576-0800

大きな地図でみる

【アクセス】
  • Osaka Metro(オオサカ メトロ)中央線「朝潮橋」駅下車、2-A出口より西へ徒歩約3分。
将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会