第66回黒鷲旗 グループ戦第1戦 大分三好ヴァイセアドラー戦結果

「第66回黒鷲旗」グループ戦第1戦 大分三好ヴァイセアドラー戦の結果をご紹介しています。

スコア

5月2日(火) 大阪市中央体育館(大阪)
JTサンダーズ
大分三好ヴァイセアドラー
JTサンダーズ 3 27-25
27-25
25-21
0 大分三好ヴァイセアドラー
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
- - - - アタック - - - -
- - - - (内バックアタック) - - - -
- - - - ブロック - - - -
- - - - サーブ - - - -
- - - - サーブレシーブ - - - -
  • 出場メンバー

    第1セット
    20
    筧本
    18
    山本
    3
    深津
    (11)
    安井


    19
    ルブリッチ
    7
    越川
    4
    中島



    L井上(航)
    第2セット
    19
    ルブリッチ
    20
    筧本
    18
    山本

    (11)
    安井

    7
    越川
    4
    中島
    3
    深津

    (14)
    八子

    L井上(航)
    第3セット
    20
    筧本
    18
    山本
    3
    深津
    (11)
    安井


    19
    ルブリッチ
    7
    越川
    4
    中島

    (5)
    吉岡

    L井上(航)
  • マッチレビュー

    2度のジュースを制し、ストレート勝利で本大会好発進

    連覇をかけて挑む「第66回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会」。JTサンダーズは大分三好ヴァイセアドラーとのグループ戦第1戦に臨みました。

    第1セットは立ち上がりから拮抗した展開になります。JTサンダーズは7-6の場面から深津のブロックや山本のスパイクなどで連続3得点を挙げ、10-6と抜け出しますが、その後相手を突き放すには至らず両者にらみ合ったまま終盤戦を迎えます。試合は25点を超えても決着がつかず、ジュースへ突入。しかしここで相手にミスが出て連続得点を奪ったJTサンダーズは、27-25で第1セットをものにします。

    第2セットに入ると、試合の流れはJTサンダーズへ。中島を中心としたブロックラインが機能し、要所でブレークポイントを挙げたJTサンダーズはセット終盤にかけてじわじわと相手チームを引き離していきます。しかしセット奪取を目前にした24-21の場面から連続4失点。試合は第1セットと同様ジュースまでもつれますが、直後にルブリッチのスパイクなどで3点を奪い返し、JTサンダーズは27-25でこのセットも連取します。

    第3セットは序盤に越川の連続スパイクや山本のサービスエースなどで11-8とリード。その後も優位に試合を展開していきます。14-13の場面からは中島の速攻や筧本のブロックなどでさらに4点を追加。18-13と点差を5点に広げると、勢いを保ったままセット終盤の戦いに突入。20点台を迎えても山本や途中出場の吉岡らサイド陣が躍動し、25-21でゲームセット。ストレートで勝利し、グループ戦1勝目を挙げました。
  • コメント

    山本将平選手

    「黒鷲旗」初戦という事で、個人的にもチーム的にも少し堅さがありましたが、みんなで声を掛け合い、ムード良く試合をすることが出来ました。
    連戦が続く中で修正できる点を一つずつ見直し、日に日に精度が高いバレーボールが出来るように、1試合1試合集中してプレーに取り組んで行きたいと思います。
JTサンダーズ