第66回黒鷲旗 グループ戦第2戦 近畿大学戦結果

「第66回黒鷲旗」グループ戦第2戦 近畿大学戦の結果をご紹介しています。

スコア

5月3日(水・祝) 大阪市中央体育館(大阪)
JTサンダーズ
近畿大学
JTサンダーズ 3 25-14
25-19
25-16
0 近畿大学
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
- - - - アタック - - - -
- - - - (内バックアタック) - - - -
- - - - ブロック - - - -
- - - - サーブ - - - -
- - - - サーブレシーブ - - - -
  • 出場メンバー

    第1セット
    20
    筧本
    18
    山本
    3
    深津



    19
    ルブリッチ
    7
    越川
    4
    中島



    L井上(航)
    第2セット
    16
    塚崎
    1
    安永
    18
    山本

    (11)
    安井

    5
    吉岡
    4
    中島
    3
    深津



    L井上(航)
    第3セット
    20
    筧本
    11
    安井
    9
    井上(俊)



    16
    塚崎
    5
    吉岡
    1
    安永

    (6)
    井上(慎)

    L久原
  • マッチレビュー

    攻守が機能しグループ戦2戦目! サーブでつかんだ勝機

    近畿大学とのグループ戦第2戦に挑んだJTサンダーズ。
    第1セットは深津のスパイクで先制に成功。立ち上がりこそ一進一退の攻防となりますが、7-6の場面からは中島の速攻、ルブリッチのバックアタック、山本のスパイクなどで4得点を挙げ、11-6と抜け出します。セット中盤以降も深津のトスワークが冴え、サイド、バック、センターと多彩な攻撃で相手チームを翻弄。徐々に相手チームを引き離すと、最後は23-14の場面から山本のスパイクと筧本のブロックが決まって25-14。大差で第1セットを先取します。

    第2セットは互いにサイドアウトを奪い合う一進一退の攻防に。JTサンダーズは途中出場の塚崎のスパイクなどで得点を重ねていきますが、スコアは拮抗したままセット終盤までもつれます。試合が動いたのは、19-18の場面から。相手のミスでサイドアウトを手にすると、ここでサーバーに入った安井のサーブが走り、自らのサービスエース1本を含む連続4得点を演出。24-18と終盤で大きなアドバンテージを手にしたJTサンダーズは、直後に1点を失うものの最後は吉岡のスパイクが決まり、25-19で第2セットも手にします。

    第3セットは序盤からサイド攻撃を軸に攻勢をかけ、リードを保って試合を展開します。16-14の場面からは安井のブロックでサイドアウトを奪うと、そのままサーバーに下がった安井のサーブを起点に連続5得点。第2セットと同様、終盤に相手を突き放したJTサンダーズは結局このセットも25-16で奪い、ストレート勝利でグループ戦2勝目を飾りました。
  • コメント

    井上慎一朗選手

    皆さんこんにちは。今年度からJTサンダーズに入団しました井上慎一朗です。
    近畿大学との試合では最終セットの終盤からでしたが貴重な出場機会をいただき得点にも絡むことができ、とても良い経験になりました。
    この経験を生かしこれからも早くチームの力になれるように頑張ります。
JTサンダーズ