第66回黒鷲旗 グループ戦第3戦 豊田合成トレフェルサ戦結果

「第66回黒鷲旗」グループ戦第3戦 豊田合成トレフェルサ戦の結果をご紹介しています。

スコア

5月4日(木・祝) 大阪市中央体育館(大阪)
JTサンダーズ
豊田合成トレフェルサ
JTサンダーズ 3 25-23
25-23
25-19
0 豊田合成トレフェルサ
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
- - - - アタック - - - -
- - - - (内バックアタック) - - - -
- - - - ブロック - - - -
- - - - サーブ - - - -
- - - - サーブレシーブ - - - -
  • 出場メンバー

    第1セット
    19
    ルブリッチ
    20
    筧本
    18
    山本

    (11)
    安井

    7
    越川
    4
    中島
    3
    深津



    L井上(航)
    第2セット
    20
    筧本
    18
    山本
    3
    深津
    (11)
    安井


    19
    ルブリッチ
    7
    越川
    4
    中島



    L井上(航)
    第3セット
    19
    ルブリッチ
    20
    筧本
    18
    山本

    (11)
    安井

    7
    越川
    4
    中島
    3
    深津



    L井上(航)
  • マッチプレビュー

    グループ戦全勝で決勝トーナメント戦へ

    JTサンダーズはグループ戦第3戦、豊田合成トレフェルサとの一戦に挑みました。
    第1セットは立ち上がりにルブリッチのスパイクが決まるなど4-2と幸先のよい滑り出しを見せますが、直後に2点を失い同点とされると、試合はそのまま接戦の展開となります。両者譲らぬ主導権の奪い合いがセット終盤まで繰り広げられる中、JTサンダーズはルブリッチ、山本らサイド陣の攻撃を軸に得点を重ね、粘り強くチャンスをうかがいます。勝機が訪れたのは22-22の場面から。越川のスパイクを契機に2点を挙げて24-22と頭一つ抜け出すと、その後1点を返されるも最後はルブリッチがバックアタックを決めて25-23。第1セットを制します。

    第2セットに入っても拮抗した戦いとなります。JTサンダーズはサイド攻撃と速攻を織り交ぜた攻撃を展開。しかし一方の相手も譲らず、抜きつ抜かれつの見応えある攻防戦がセット終盤まで続きます。先に20点台に手をかけたのは相手チーム。しかしJTサンダーズは19-20とされた場面からルブリッチ、越川のスパイクなどで連続4得点を挙げて23-20と鮮やかに逆転すると、そのまま逃げ切って25-23。競り勝って第2セットも連取します。

    続く第3セットは序盤から攻守が噛み合ったプレーを見せ、9-4とするまでにブロックで4得点を挙げるなど、理想的な展開で相手チームをリードします。セット中盤以降も要所で中島の速攻や深津のサービスエースなど好プレーが飛び出し、終始アドバンテージを握ったJTサンダーズ。最後は中島の速攻で25-19とし、グループ戦を通じて失セット0の快進撃で決勝トーナメント戦へ駒を進めました。
  • コメント

    安井勇誠選手

    1位通過のかかった大事な試合で、守る事なく最後まで攻めの姿勢を緩めず、粘り強くプレーできたことが勝ちに繋がったと思います。
    明日からはトーナメント戦になり、一層厳しい試合が続くと思いますが、チーム全員で勝ち進みます。
JTサンダーズ