JTサンダーズ

第68回黒鷲旗 準決勝 パナソニックパンサーズ戦結果

第68回黒鷲旗 準決勝 パナソニックパンサーズ戦の結果をご紹介しています。

スコア

2019年5月5日(日・祝)丸善インテックアリーナ大阪(大阪)
JTサンダーズ
パナソニックパンサーズ
JTサンダーズ 0 16-25
19-25
24-26
3 パナソニックパンサーズ
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
92 29 7 31.5% アタック 78 38 4 48.7%
17 8 3 47.1% (内バックアタック) 9 5 1 55.6%
- 10 - 3.33本 ブロック - 12 - 4.00本
60 1 15 1.7% サーブ 75 1 10 4.7%
- - - 54.6% サーブレシーブ - - - 70.5%
  • 出場メンバー

    第1セット
    4
    中島
    16
    17
    金子


    (12)
    合田
    6
    エドガー
    18
    山本
    1
    安永


    (11)
    久原
    L井上(航)
    第2セット
    16
    17
    金子
    1
    安永

    (12)
    合田

    4
    中島
    7
    八子
    18
    山本
    (21)
    ロジャーズ

    (8)
    武智
    L井上(航)
    第3セット
    21
    ロジャーズ
    16
    17
    金子

    (18)
    山本
    (12)
    合田
    7
    八子
    8
    武智
    1
    安永


    (11)
    久原
    L井上(航)
  • マッチレビュー

    V.LEAGUEファイナルのリベンジかなわず……。

    黒鷲旗準決勝に進出したJTサンダーズ。この日は、2018-19 V.LEAGUE DIVISION1ファイナルで苦杯をなめたパナソニックパンサーズとの試合に臨みました。

    第1セット、序盤はエドガーの強打が光ります。しかし7-7の同点の場面から、5連続失点で7-12とされると、その後なかなかブレークポイントを奪えず、リードを広げられます。最後は16-22の場面から3連続失点を喫し、16-25で第1セットを先取されます。

    第2セット、八子のアタック、安永のブロックなどが決まり、終始拮抗した展開となります。しかし、18-19の場面から4連続失点を喫し、18-23とされると、そのまま押し込まれ19-25。後がなくなります。

    一矢報いたい第3セット、八子、劉の攻撃で試合を優位に進めます。13-11とリードした場面からは、安永のブロック、ロジャーズのサービスエースなどで3連続得点を挙げ、16-11と大きくリードを奪います。終盤までリードをキープしたJTサンダーズでしたが、22-20の場面から連続失点で同点とされると、相手の勢いを止められず23-24とマッチポイントを許します。一度はジュースに持ち込むも粘り切れず、最後は連続失点で24-26。ストレートでの敗戦となり、決勝進出はなりませんでした。
  • コメント

    ヴェセリン・ヴコヴィッチ監督

    正直に言いますと、非常に悔しい敗戦でした。第3セットはチャンスがありましたが、取り切ることができませんでした。
    ファンの皆さま、ご声援ありがとうございました。
JTサンダーズ
JTサンダーズ