インフォメーション
INFORMATION

トーマス・パトリック・エドガー選手の入部記者会見を行いました!

2017/08/21

8月10日(木)、広島市内のホテルにて、2017/18シーズンから加入したオポジットのトーマス・パトリック・エドガー選手の入部記者会見を行いました。

エドガー選手は、2009年、出身国であるオーストラリアの代表に選出され、2012年ロンドン五輪、2014年世界選手権、2015年W杯に出場。2015年W杯のエジプト戦では一人で50得点を挙げ、話題となりました。
また、スウェーデン、ポーランド、イタリア、中国、韓国など世界各国のクラブチームでも目覚しい活躍を見せ、昨シーズンはアルゼンチンのクラブチームでリーグ優勝を成し遂げ、南米クラブチーム選手権での準優勝にも貢献しました。

会見に同席したヴェセリン・ヴコヴィッチ監督は、「私は彼を常に全力でプレーができる選手だと評価しています。オポジットはサイドアウト、ブレークポイントという両面において、責任のあるポジションですし、難しい状況で決めきれる力も求められます。1試合で50~60本のアタックを打つスタミナとパワーも必要とされ、責任は大きいですが、それを全うするだけの力が彼にはあります。」と期待を寄せた。

輝かしい経歴とともにサンダーズに入団したエドガー選手。その212cmの長身を活かした、闘志みなぎる熱いプレーにもご注目ください。

――JTサンダーズへの入団を決めた理由を教えてください。

アルゼンチンでの昨シーズンを終えてから、ロシア、トルコ、南米などからオファーがありましたが、日本にはオーストラリア代表として何度かプレーをした時のいい思い出があり、いつか日本でプレーしたいと思っていたので、オファーをもらってから監督やチームの方と話してすぐ決断しました。

――ご自身の役割と目標を教えてください。

JTサンダーズの優勝に貢献することが目標です。リーグ戦だけでなく、天皇杯や黒鷲旗すべての大会で優勝を目指します。
持ち味でもあるサーブ、スパイク、ブロック、そして熱い気持ちを試合で出していきたいですね。

――チームの本拠地・広島の印象を聞かせてください。

2年前のW杯で広島を訪れたのですが、とてもいい時間を過ごせた思い出があります。日本の中でもここはお気に入りの街のひとつですね。
せっかく広島に来たからには、バレーボールだけでなく日本の文化も楽しみたいと思います。

――ファンはなんとお呼びすればいいでしょうか?

世界中でいろんな呼び方をされてきたけど……笑
う~ん……“エドガー”や“トム”って呼んでもらえればいいかな。笑

――ファンにメッセージをお願いします。

僕の入部を歓迎してくれてありがとう!
ベテラン選手と若手選手がフュージョンした素晴らしいチームでプレーできることが楽しみです!
どんな状況でも120%全力を尽くして、ファンの皆さんが誇りに思うような試合を見せますので応援してください!

JTサンダーズ