インフォメーション
INFORMATION

「JTサンダーズ激励会」を開催しました!

2017/10/06

「2017/18V・プレミアリーグ」開幕まで1カ月を切った9月28日(木)、広島市内のホテルにて「JTサンダーズ激励会」を開催しました。当日はチーム関係者のほか、バレーボール関係者など多くの来賓の方がJTサンダーズの激励に駆け付けてくださいました。

開会前には連覇を果たした「第66回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会」決勝戦のVTRを放映。VTRが終わると同時に拍手が沸き起こる中、「JTサンダーズ激励会」が開会しました。そして、深津旭弘主将を先頭に選手・スタッフが登壇。その後、中川雅之JT中国支社長よりご出席の皆さまへ、JTサンダーズの昨シーズンの成績をご報告するとともに国体を含めた“4冠”達成への誓いが述べられました。その後も、松井一實広島市長ら来賓の皆さまのごあいさつが行われました。

来賓の皆さまのごあいさつ後には、ヴェセリン・ヴコヴィッチ監督、深津主将のほか来賓の皆さまが登壇し「1、2、サンダーズ!」の掛け声とともに鏡開きが行われました。

鏡開きが終わると歓談タイムへ。選手たちは各テーブルにつき、日ごろ応援してくださっている皆さまへ写真撮影やサイン対応などでおもてなし。ご出席の皆さまからは多くの激励の言葉をいただきました。終始どのテーブルにも笑顔があふれていました。

歓談タイム終盤には、JTサンダーズ応援団が登場し、応援曲メドレーに合わせて演舞を披露。演舞後には、JTサンダーズの活躍を願って、選手・スタッフへ向けてエールが送られました。

歓談タイムが終わると選手たちは再び登壇。山田良一JTサンダーズ後援会長のあいさつに続き、深津主将とヴコヴィッチ監督が皆さまにごあいさつを行いました。「今シーズンのチームはタイトルを獲得できる実力を持っていると思います。自分たちの力を信じて突き進んでいきたいと思います」とヴコヴィッチ監督。深津主将も「チーム一丸となり、覚悟をもって全員で挑戦していきたいと思います」と来たるシーズンでの奮闘を誓いました。

その後は、故・猫田勝敏夫人である猫田禮子さんより、ヴコヴィッチ監督へ花束贈呈が行われました。最後は、横山尚JT男子バレーボール部長が「チームの攻撃力・守備力ともにアップしています。大いにご期待ください。今シーズンは結果で恩返しがしたいと思います」とあいさつを述べ、「JTサンダーズ激励会」は幕を閉じました。

JTサンダーズ