JTサンダーズ
インフォメーション
INFORMATION

退部選手のお知らせ

2018/04/20

JTサンダーズは、2018年5月31日(木)をもって、町野仁志選手、井上俊輔選手、安井勇誠選手、ベゼラ・ダシルバ・サムエル・ジュニオル選手、塚崎祐平選手が退部することをお知らせします。なお、5名は退部後、社業に専念いたします。

町野選手は、2004年4月に入部以来、14シーズンにわたりミドルブロッカーとして活躍しました。特に相手チームのセッターとの駆け引きに長け、勝敗を左右する場面での勝利を引き寄せる決定的なブロックで相手攻撃陣を圧倒しました。近年はその豊富なキャリアから後進の良き手本としても存在感を示し、精神的支柱としてチームに貢献しました。

町野仁志選手のコメント

長い間JTサンダーズの一員として勝利のために日々努力した時間というのはとても充実した素晴らしい時間でした。選手として思い残すことはありません。
思い出はいろいろありますが、一番の思い出はやはり悲願の初優勝の試合です。
ファンの皆さん、長い間応援ありがとうございました。
良い時も悪い時もみなさんの声援があったから頑張ることができました。本当に感謝しています。

井上(俊)選手は、2008年4月に入部以来、10シーズンにわたりセッターとして活躍しました。高いジャンプ力と長身を活かし、他の選手にはない高い位置でのトスアップにより相手ブロック陣を翻弄、チームの攻撃の起点として得点力向上に大きく貢献するとともに、コートを走り回りチームを鼓舞し、チームの起爆剤としても存在感を示しました。また、その人望の厚さからメンバーの精神面でのサポート役となり、チームの成長に欠かせない選手として大きな役割を果たしました。

井上俊輔選手のコメント

10年間JTサンダーズの一員でいさせていただいたこと、本当に幸せでした。入団して厳しい状況から頂点までいろいろな経験をさせていただきました。
どんな状況でもファンの皆さまは変わらず温かい声援で背中を押してくれました。
10年間頑張れたのも本当にファンの皆さまのおかげです。心から感謝します。ありがとうございました。

安井選手は、2012年10月に入部以来、6シーズンにわたりウイングスパイカーとして活躍しました。どのような状況においても勝負をあきらめない強い精神力と攻守にバランスの取れたオールラウンドプレーヤーとして活躍、スーパーエースとしてもプレーできる力強さも兼ね備え、チームの勝利に大きく貢献しました。また、バレーボールに真摯に取り組む姿勢や人間性によりチームメートからの人望も厚く、厳しい場面でも勝利へのこだわりをプレーで表現できる貴重な存在として活躍しました。

安井勇誠選手のコメント

今シーズンをもってチームを勇退することになりました。
6シーズンという短い期間でしたが、このチームで自身のバレーボール人生を終えることができて本当に幸せに思います。
JTサンダーズのみんなとプレーできたことは、一生の思い出です。
バレーボールを通じて出会った全ての人に感謝します。本当にありがとうございました。

ベゼラ選手は、2012年4月に入部以来、6シーズンにわたりミドルブロッカーとして活躍しました。驚異的なジャンプ力と抜群の身体能力を活かして、相手スパイカーを粘り強くマークし、長い滞空時間を活かしたブロックでチームの勝利に大きく貢献しました。また、礼節を重んじ練習に真摯に取り組み、常に自己成長を成し遂げようとする姿勢は戦うチームの成長に欠かせない貴重な存在でした。

ベゼラ・ダシルバ・サムエル・ジュニオル選手のコメント

今まで長年続けてきた競技人生を辞めるという実感がまだなく、現在複雑な心境にありますが、これから徐々に気持ちの整理をしていけたらと思っております。
とにかく、今は最後の大会となる黒鷲旗でチームのため、ファンのために有終の美を飾って笑って終われるよう頑張りたいと思います。
一番の思い出は数々の偉大な選手たちと共にJTサンダーズでプレーができたことです。ファンの皆さま、長い間温かく見守ってくださりありがとうございました。
今後ともJTサンダーズへの応援をよろしくお願い申し上げます。

塚崎選手は、2009年4月に入部以来、9シーズンにわたりウイングスパイカーとして活躍しました。群を抜くジャンプ力と全身のしなりを活かした強力なスパイク、サーブを武器にチームの得点源として、またスーパーエースとしてもプレーできる器用さも兼ね備え、チームの勝利に大きく貢献しました。入社以来徹底した肉体改造に取り組み、日々の健康管理に真摯に向き合い、後進の見本となるベテラン選手としても大きな役割を果たしました。

塚崎祐平選手のコメント

この度、黒鷲旗をもちまして、引退することになりました。
9年間、入れ替え戦や初優勝など、さまざまな経験をさせていただき、サポートしてくださった方々、ファンの皆さま、チームのみんなに感謝申し上げます。本当に長い間ありがとうございました。
貴重なバレーボール人生を良い思い出として、次のステップでも頑張っていきますので、これからもよろしくお願いいたします。

JTサンダーズ
JTサンダーズ