久原大輝選手のインタビュー

JTサンダーズのリベロ、久原大輝選手のインタビューです。

誰よりも、熱い想いを

ちっちゃいころは、兄貴を超えるのをずっと目標にしていました

バレーボールを始めたのは、小学校1年生のときです。親父が地元のスポーツ少年団の監督をしていて、4つ上の兄貴もそのチームに入っていたので、僕も半分強制的に始めることになりました(笑)。とはいえ、兵庫県内ではわりと強いチームだったから、兄貴がすごくかっこよく見えたのもありますし、幼稚園のころから体育館は遊び場のようなものだったので、楽しくやっていましたね。どこが楽しかったかは具体的に思い出せないけれど、サーブが1本入るとか、レシーブが1本返ったとか、スパイクが1本決まったとか、そういう小さな達成感の積み重ねが、当時は面白かったんじゃないかなと思います。

小学校ではまだローテーションがなくポジションが固定されていたから、兄貴がライトにいて、僕が後ろのライトに加わっているといった感じ。そして後ろのベンチには親父がいて、応援席では母親が大きな声を出しているという、そんな家族でした。家で、親父や兄貴とバレーボールについて話した覚えはほとんどないですね。怖かったので。一度体育館に入れば親父のことは「監督」とか「先生」って呼んでいましたし、当然怒られるパターンも多かったわけで……。だから家ではなんだか気まずいというか怖いというかで、あまり話した記憶がないです。

僕が小学校2年生のときに、兄貴は6年生だったんですけど、県大会決勝のコートに一緒に入ったんです。これに勝ったら全国大会に行けるぞ、というところだったんですが、結局負けてしまって。小学校ではその試合が一番、印象に残っていますね。ちっちゃいころは、兄貴を超えるのをずっと目標にしていました。僕自身の小学校時代の最高成績は、県で3位だったんですけど、兄貴は2位だったんですよ。それが悔しくて、中学校も兄貴と同じところに転校して、まずは県で1位になろうと思ってやっていましたね。

中学校時代は、時間だけ見れば今までで一番、練習したような気がします。もちろん大学も厳しかったけれど、厳しさの質が違うというか……。中学校のころって、まだ先生に一から十まで全部指示を受けてやるじゃないですか。だからその分、厳しかったですね。コーチの先生には結構怒られました。何回か、逃げたこともあります。でも、中学校2年と3年の近畿大会では優勝することができたんです。特に、3年生のときは人数も少なくて、本当に小さいチームでやっていたんですが、そんな中で優勝できたのは「やっていてよかった」と思いました。

2回戦で足元をすくわれましたね

でも、中学校ではまだ兄貴を追い越せなくて。結局、高校も兄貴と一緒のところに進学したんですけど、これも半分、自動的に決まったようなものでしたね。兄貴が市立尼崎高校(兵庫県尼崎市)に進学した時点で、「多分、自分も同じ高校に行くんだろうな」という予感はありました。練習の厳しさは中学校ほど感じなかったんですが、高校では中学校とはまた違うところ――人間的な指導というか、あいさつや気配りといった点をすごく叩き込まれました。やっていたバレーボール自体は本当にオーソドックスで、ミスの少ない緻密なプレーが持ち味でしたね。すごく才能のある選手がいるわけじゃないけれど、堅実なバレーボール。僕はその中で、サイドをやっていました。

忘れられないのは、高校2年の春高バレーです。あの当時の僕たちは、練習試合でも負けた記憶がほとんどなくて。メディアからも“優勝候補の筆頭”とか、そういうきれいな言葉をいただいていたんですよ。当然、僕たちも「絶対に優勝するぞ」って思っていたんですけど、多分、上を見過ぎてしまったのかなと。2回戦で足元をすくわれましたね。相手は東洋高校(東京都千代田区)だったんですが、自分たちのやるべきことがまったくできず、僕自身もキャプテンとしてチームをまとめられず、どんどん試合が流れていってしまって。最後は相手チームの勢いや、相手の地元の声援に呑みこまれて負けてしまいました。まだ高校生だったので、“優勝候補”って言われて意識しちゃったんでしょうね。受け身になってしまったんだと思います。

やっと兄貴を追い越したのは、高校3年生のときです。中学、高校は一緒にプレーしたわけじゃないので、兄貴の分は「全国でベスト8」とか、そういう結果しか分からなかったんですが、兄貴はインターハイでベスト8だったところを僕は2位になって、そこで初めて抜かすことができました。普段、あまりしゃべらないので、そのときも兄貴からは特に何も言われませんでしたけど。多分、あのインターハイで準優勝できたのは、2年生の春高での2回戦負けがあったからだと思います。春高では高いところを意識しすぎてしまったから、インターハイでは逆に、目の前の相手を一つ一つ倒していくことを目標に戦っていて。それが結果的に準優勝につながったんだと思いますね。

やればやるほど自分にも返ってくるし、チームにも返ってくる

大学でもバレーボールを続けたいと思ったのは、高校2年生のときに全日本ユースに選んでいただいたのが一つのきっかけですね。全日本ユースで、同世代の大きくて上手いバレーボーラーと接するうちに、「こいつらに負けたくない」っていう気持ちが出てきて。あとは、高校ではなれなかった“日本一”を、大学で果たしたいというのもありました。筑波大学(茨城県つくば市)を選んだのは、テレビで見ていたあの緑のユニフォームにあこがれがあったというのが一つの大きな理由です。もう一つの理由は、教員免許が取れるから(笑)。体育の先生になるつもりだったんですよ。子どもは好きだし、僕自身がそんなにいい子ではなかったので、怒られる側の気持ちも分かるんじゃないかと思って。当時はまさか、Vリーグのチームから声がかかるとも思っていませんでしたしね。

大学に入って最初のうちは、「何だ、ここは」と思っていました。バレーボールが強い大学だから、バレーボールの練習がいっぱいできるのかと思っていたら、最初はやっぱり雑用から入るわけです。本当に覚えきれないくらいの数の仕事があって。でも、そのうちに下級生も入ってくるし、試合にも出るようになってくると、「仕事をしてくれている人たちのために勝ちたい」、「先輩のために勝ちたい」という気持ちが強くなりましたね。筑波大学では基本的にあまり外から言われないんですよ。自分たちで考えて、やるべきことをきっちりとやれば結果がついてくるっていう感じ。大学時代を通して自主性が身についたんじゃないかと思います。大学では本当に、やればやるほど自分にも返ってくるし、チームにも返ってくるという考え方でしたね。

あのころは本当に毎日毎日、バレーボールのことしか考えてなかった

だから、といっていいのか分からないけれど、一番印象に残っているのは4年生のときですね。僕はキャプテンをやっていたんですが、試合どうこうではなく大学4年の1年間が一番、バレーボールについて考えたと思います。キャプテンとしての自分は――どうだったんですかね、向いているかどうかは自分でもよく分からないけれど、チームの中で誰よりも、熱い想いを持たなければならないのがキャプテンだし、周りもそれを見てやらなければならないと思っていたので、そういうところは心がけていました。正直、自分は高さもないし、これといった特長もない選手ですけど、熱いっていうのは、自分の一番いいところかもしれないですね。

でも結局、4年生のときは結果を残せなかったんです。全日本インカレで優勝した3年生のころは、まだ先輩もいたので自分たちはついていくだけでよかったんですね。でも、4年生では勝てなくて。チームもまったく同じ方向に向かなくて、だから「どうやれば組織としてうまくまとまっていけるか」っていうのをすごく考えた年でしたね。後輩に対しても、「先輩を勝たせたい」という想いにさせることができなかったのかな、と。先輩のために勝たせてあげたいと思わせるようなチームこそが筑波大学だと思うんですけど、何かが原因でそう思わせることができなかったし、そこでみんなが同じ方向を向くことができなかった。

あのころは本当に毎日毎日、バレーボールのことしか考えてなかった。印象に残っている試合はほとんどないんですけど、バレーボールのことも、チームメートのことも一番考えた年だったと思います。悔いが残っているか、というと、ちょっと違うかもしれないですね。僕の同級生のうち3人がVリーグに入ったんですが、残りの5人は大学までで終わりだったので、何としてもそいつらのために1日でも多くバレーボールをやりたかったし、個人的にはもちろんインカレで2連覇もしたかったし、ベスト16で負けてすごく悔しかった。でも、1年間悩んで苦しんで、どうすればチームがいい方向に向くかを考え続けたことは、いい財産になったと思います。結果はもちろん悔しかったですよ。でもやってきたこと自体は、はい。間違っていなかったと思います。

やっぱり「打ちたい」という気持ちもあったし、いろいろ考えたんですけど

卒業後の進路のことは、そこまで深く考えてなかったですね。当時は僕、サイド(ウイングスパイカー)をやってたんですけど、高さもないですし、これといって特徴もない選手でしたし……。でも、東京五輪の開催が決定したじゃないですか。JTサンダーズに入ること自体はその前に決まっていたんですが、東京で五輪が開催されるということは、僕が今ここでバレーボールをやり続ける大きな一つのきっかけになっていると思います。リベロにコンバートする、というのは久保さん(久保義人さん/元JTサンダーズ監督)に言っていただいたことなんです。やっぱり「打ちたい」という気持ちもあったし、いろいろ考えたんですけど、2020年の東京五輪のことを考えると、自分のような高さも特徴もない選手がサイドをやるのは難しいんじゃないかと。唯一、守備が――サーブレシーブだけがいいところだと思うので、そこを生かせるのはリベロポジションなんじゃないかと思って、決めました。

だからもう、本当にゼロからのスタートですね。今はまだ、自分の中で少しずつ、違いを消化している段階です。サイドとしてレシーブをするのと、リベロとしてレシーブをするのとではやっぱり全然違いますし、チームが連続失点をしているときでも、リベロは直接得点を取ることはできないわけじゃないですか。スパイカーだったら自分で打って決めるっていう戦い方ができるけれど、リベロの場合はそれがない。チームが苦しいときどうやって状況を打破していけばいいのか、どう声をかければいいのか、自分自身がどう我慢すればいいのか。そこを今の自分はまだちゃんと分かっていないですし、もどかしい思いも少しありますね。でも、今は「打ちたい」というのはないですよ。もう腹はくくってますから。

リベロポジションの面白さ……、うーん。まあでもやっぱりスパイカーって、ブロックをよけて打つじゃないですか。自分がサイドをやっていたときにそうだったように、特にレフトからクロスに打ち込んでくるパターンが多いと思うんですけど、スパイカーがブロックの横を抜いて決めにいったところにパッと入ってレシーブできた瞬間はいいですね。相手が「決まった」と思ったボールを上げられたときに一番「やった!」という気持ちになります。でもその気持ちって、あくまでもほんの一瞬のことなんですよね。その一瞬、ボールが上がったというだけのことで。だからまだあまり分からないです。これからしっかりリベロとしての勉強も実践も積んで、面白さを見つけていきたいです。

「決勝の舞台って、本当にすごいところだな」と思いました

JTサンダーズとは大学時代に、黒鷲旗大会で対戦したことがあるんですよ。フルセットで負けたんですけど。当時、外から見ていたJTサンダーズはなんだか淡々とプレーしている印象があったんです。それだけに、自分の持っている熱さを一番生かせるチームなんじゃないかと思いました。「俺が変えてやる」っていう――覚悟というのも変ですけど、そういう意気込みもあってJTサンダーズに入部したんです。でも、実際に中に入ってみると、また印象は変わりましたね。思っていた以上に活気があって、年齢に関係なく言いたいことが言える雰囲気もありますし。いいチームだなと思います。

「2013/14V・プレミアリーグ」のファイナルラウンドを経験できたのはよかったですね。チームとしても久しぶりだったじゃないですか。だから、ちょうどいいタイミングで巡り合わせることができて。僕は内定だったので、後ろで見ているだけだったんですが、「決勝の舞台って、本当にすごいところだな」と思いました。満員の会場でプレーしている先輩方を見て本当にすごいと思ったし、こういう舞台を見せてくださったことにすごく感謝しています。僕自身のモチベーションも上がりましたね。「次に決勝の舞台に立つのは俺だ」っていう目標もできました。

そのためには酒井さん(酒井大祐さん/元JTサンダーズ)を超えていかないといけないんですよね。超えるために必要なものですか? 全部です。基礎のプレーからパスから何からもう、全部です。その全部の課題を、今は一つずつつぶしていく段階ですね。酒井さんはやっぱりすごいし、一緒にやっていて勉強になることもたくさんあります。でも、一旦コートの中に入ってしまえば関係ないんですよね。テニスの錦織圭選手が、コーチのマイケル・チャンさんに同じようなことを言われたそうなんですけど、僕も本当にその通りだと思います。……と言いつつ、酒井さんから盗めるところはとことん盗んでやろうといういやらしさはあるんですけどね(笑)。理想は、当たり前のことが常に当たり前にできるプレーヤー。たとえ強打に手は届かなくても、チャンスボールの1本とか二段トスの1本とか、そういう当たり前のことがちゃんとできるプレーヤーになりたいです。

バレーボールって、やっているうちの99%くらいは苦しい時間だと思うんですよ

バレーボールって、やっているうちの99%くらいは苦しい時間だと思うんですよ。練習もそうですし、チームづくりもそうですし。その苦しい部分をみんなで悩んで乗り越えて、最後に目標を達成したときに1%の喜びの瞬間がある。その喜びをみんなで分かち合える瞬間が気持ちいいし、そこで生まれる達成感を味わえるのが、自分にとっては一番やりがいを感じるところですね。昨シーズンの準優勝があって、チームの雰囲気が変わったっていうのは、自分だけではなく全員が感じていると思います。もちろんいきなり変われるわけじゃない、そう簡単にはいかないというのは分かっているけれど、シーズンを通してモチベーションを継続してああいう結果が残せたというのは、僕が言うのもおこがましいけれど、すごい自信になったんじゃないかと。僕も早くその中に入りたい。取り残されないように、しがみついていきたいと思います。

最終的な目標は五輪出場ですね。2020年の東京五輪。自分の国で五輪が開催されるなんてそうそうないじゃないですか。それに国際大会で優勝したら国歌が流れるでしょう。あれ、すごくいいですよね。日本人のアスリートとして、ああいう経験ができるのは本当にすごいことだと思います。出られる見込みですか? 根拠はないけど、自信はあります。本当はリオ五輪(2016年)も出たいんですけど、現実的にちょっと難しそうなんで……いや、やっぱり「五輪に出たい」ってことにしておいてください。

※本記事は2014年9月時点のインタビューに基づいたものです。

JTサンダーズ