中島健太選手のインタビュー

JTサンダーズのミドルブロッカー、中島健太選手のインタビューです。

バレーボールじゃないと、ここまで本気にならなかった。

「運動部に入るのはちょっと……」と思っていたんです

中学校に入った当初、「運動部に入るのはちょっと……」と思っていたんです。小学校では水泳と陸上をやっていたんですが、汗をかくのも好きじゃなかったし、中学校では美術部に入ろうとしていたんです。でも、祖母が「さすがにそれだけいい体格をしているんだから何かスポーツをやってくれ」って。僕、めっちゃおばあちゃん子だったんですよ。どうやら祖母も昔、9人制のバレーボールをやっていたようで、じゃあ僕もバレーボール部に入ろうかなと。そのくらい、軽い気持ちで入ったんですよ。

体格がいいといっても、ずば抜けて背が高かったわけじゃなくて、当時は背の順で後ろから数えた方が早い、というくらい。僕の場合はずっと成長が止まらなくて、背が伸び続けた結果、一番後ろになったタイプです。すくすく育ったんですね。入部当初は170cmくらいだったと思います。ポジションはレフトでしたね。それほど強豪校でもありませんでしたし、中学校時代は楽しく球遊びをしている感覚でした。バレーボールの楽しいところだけを見て、その楽しさだけを大事にやっていた感じでしたね。

あの試合を見なかったら僕はずっと陸上をやっていたでしょうね

ところが、僕たちの代になるにあたって、1つ下の代の入部者が誰もいなくて。同期も4人しかいなかったので、一時、バレーボール部が休部状態になったんです。だから僕、いったんバレーボールから離れて陸上に戻ってたんですよ。それでも別に「こんなものかな」と思ってたんですけど、たまたまつけたテレビで春高バレーの決勝をやっていたんです。それを何となく見ていたら八子さん(八子大輔選手)がバリバリやっていて、「うわ、めっちゃかっこいい」って思って。「ああ、高校生トップレベルのプレーってこんなにすごいんだ」と思って、もう一度バレーボールがやりたくなったんです。

多分、あの試合を見なかったら僕はずっと陸上をやっていたでしょうね。高跳びとか砲丸投げとか、そういう力あふれるようなやつを(笑)。結局その後で同級生を2人、無理やりバレーボール部に引っ張って、最後の試合に出ました。それがきっかけだったのか、「JOCジュニアオリンピックカップ」の選考に呼んでいただいたんです。でも、選考には落ちてしまって。それがすごく悔しかったんですよ。選考に呼ばれた時点で「俺、県内で一番身長も高いし、可能性あるかも」って思ってただけに、余計に。そうしたら、たまたま選考を見ていた高校の恩師が、僕を東温高校(愛媛県東温市)に誘ってくださったんです。

「せっかく話をいただいたんなら上を目指して頑張ってみい」

高校進学は迷いました。迷ったというよりも、あきらめに近かった。当時住んでいた町から東温高校までは車で3時間くらい。必然的に家を出て、寮はなかったから1人暮らしをしなければならない。家の経済状況からみてまず厳しいな、と思っていたんです。そうしたら、そこでまた祖母が助け船を出してくれて。孫に推薦の話が来たことに感極まったんでしょうね。泣きながら「健太、行け!」って、「せっかく話をいただいたんなら上を目指して頑張ってみい」って言ってくれたんです。その祖母の一押しがあって東温高校へ進学することができて、そこからはガーンとバレーボールにのめり込んでいきましたね。

高校時代は祖母のためにバレーボールをやっていたようなものですね。高校に入ったら練習もきつくなったし、厳しい先輩もいましたけど、祖母や応援してくれる周りの方々のためにも「ここで逃げたら情けない」と。意地でも残ってやろうと思いながらしがみついていましたね。当時から本当に負けず嫌いでしたから、いつか見返してやろうと思ってやっていました。試合に出場し始めたのは、1年生の終わりぐらいから。レフトの先輩がケガをして僕が代わりに出場したことがあって、そこからずっと出させてもらいました。

高校2年生のときに、大分国体があったんですよ。それに愛媛県選抜として出場したのが、僕にとって初めての全国大会でした。祖母が、試合を見に来てくれたんです。愛媛から船に乗って、大分に来てくれて。祖母は都合もあって、1回戦しか見られなかったんですが、その1回戦――栃木県選抜との試合で、たまたま僕、すごく調子がよくて勝つことができたんです。結局、それが祖母に見てもらえた最後の試合になりました。誰よりも後押ししてくれた祖母に、自分が全国という舞台で戦っている姿を見せることができた試合だったから、高校時代ではこの試合が一番印象に残っていますね。

自分のためにバレーボールをやりたい

自分のためにバレーボールをやりたいって思うようになったのは、大学のころですね。きっかけを与えてくれたのは、大学(近畿大学/大阪府東大阪市)の光山秀行監督です。僕、大学2年生まではオポジットとして出場していたんですが、プレー中に腹筋を切ってしまって、そこから4カ月くらい全然動けなくなっちゃったんですよ。それまでは大きなケガをしたこともなく、いわば順風満帆に上がってきていたのに、ケガをしたことで一度、燃え尽きてしまったんです。その間に僕は3年生になり、チームも新体制になったんですが、オポジットのポジションにはすでに別の選手が入っていて、僕の戻るところがなかったんです。「終わったな」と思いました。ボールにもほとんど触っていなかったし、僕自身、ダレてしまっていたんです。

そのときです、光山監督が「お前、センター(ミドルブロッカー)にコンバートをする気はないか」と言ってくださったのは。オポジットというポジションにこだわってやり続けるのも悪いとは言わんけど、チーム状況的にセンターがおらん中で新しい可能性があるんやったら、やってみてもええんちゃうか。監督にそう言われていったんは断ったものの、最終的には「はい」と返事をしました。自分自身、終わったと思ってたし、ダメもとでやってみる以外に手はなかったわけですから。そこからはもう、てんやわんやですよね。僕、それまで一度もセンターをやったことがなかったし、ポジションの役割も全然違う。ずっとオポジットで高いボールとかトスが割れたボールを処理していただけなのに、ブロックの要になったりクイックに入らなくちゃいけなくなったりして、全然適応できなかったんです。

自分が落ちているときに限って、引き上げてくれる何かがあるんです

そうこうしているうちに春季リーグが開幕して、センターとして出場させてもらって。もうチームの足手まといにならないよう、一生懸命やるだけです。出させてもらっているからには何かしら自分の役割というものがあるはずで、それを果たすことだけを考えてやっていました。そうしたら、そのリーグで僕、スパイク賞とブロック賞をもらったんですよ。さらにその後、3年の冬に出場した東西対抗でもブロック賞をいただいたんです。そのときくらいからですね、自分のためにバレーボールをやろうと思えたのは。相変わらずブロックは苦手だったし、全然動きもできていなかったけれど、一生懸命にやっていれば、自ずと結果はついてくる。それを実感できたことが、バレーボールとの向き合い方を変えるきっかけになりました。

僕、常々思うんですけど、バレーボール人生を振り返ると、自分の気持ちが落ちているときにちょうどいいタイミングで浮上するきっかけがあるんですよ。高校のころもそうですし、大学のころもそう。高校では「もうバレーボールをやめようかな」と思ったときにたまたま先輩に代わって試合に出場させてもらったり、インターハイの地区予選決勝で負けて「もうダメだ」と思ったときに国体の代表に選出してもらったり、大学でもオポジットをやっていたのにケガをして「終わったな」と思っていたらセンターにコンバートされたり……。自分が落ちているときに限って、引き上げてくれる何かがあるんです。

全員で勝ちに行こうと思えた試合だったんです

「人間、本気になれば結果がついてくる」というのは、大学最後の天皇杯・皇后杯で、JTサンダーズに勝てた試合がまさにそうだったかもしれません。これは光山監督の言葉なんですが、「チームで一番下の選手のことを分かってあげられるような選手になれ」と。たとえば選手が20人いたとして、20番目の選手がいるとしますよね。そういう選手はなかなか試合に出場する機会もないですし、率直に言って、チームが勝とうが負けようが、そこまで心が動かされなくなっちゃうんです。勝てば「よかったね」、負けても「しっかりしろよ」。だって自分は試合に出てないし……って、どこか他人事になってしまう。でもそんな選手が本当に「勝ちに行きたい」と思えたチームこそ、勝つ。そう監督は言うんです。

実際、あれほどチームの雰囲気がよかったのって、初めてだったんですよ。試合の後、周りの方から「近大、ようやったね」「めっちゃ楽しそうにバレーボールしよったね」って言われたんですけど、あのときは全員で勝ちに行こうと思えた試合だったんです。その前のインカレが不完全燃焼で終わってしまってもうこれが最後、だからみんなで勝とう、と。出場しているメンバーも、出ていないメンバーのために楽しそうにプレーしよう、と思った結果があれだったんですよ。多分百回に1回、いや千回に1回の奇跡だったと思います。でも、そのときは本当に、監督の言うことは正しいんだなと実感できたんです。

ここで入部するチームが、バレーボール人生で最後のチームになる

JTサンダーズには、ゼロからのスタートという気持ちで入部しました。僕は関西の大学にいたので、大阪のチームの合宿にお邪魔させてもらったりということはあったんですが、JTサンダーズについてはまったくといっていいほど知らなくて。本当は知らないチームよりも、知っているチームの方がやりやすいだろうとは思ったんです。でも、言ってみればここで入部するチームが、バレーボール人生で最後のチームになる可能性が高いわけじゃないですか。それなら今までやらなかったことをやろう、と。それができるのが、JTサンダーズだったんですよ。

だからある意味、賭けに近いかもしれない(笑)。その選択が正しかったのかどうかは最後に分かるから、よかったと思えるよう、日々がむしゃらにやるだけですね。チームに入ったら入部前の自分がどういう選手だったかは関係ないですし、“近大の中島健太”ではなく“新人の中島健太”にすぎないわけですから、新人としてどうアピールしていけばいいかを考えながらチームに入ってきた感じです。あとは……、八子さんですよね。まだ全日本も見たことがなかった中学生のころに初めて見たのが春高バレーの試合で、初めてあこがれた選手が八子さんだったんですよ。その八子さんがいるっていうのがJTサンダーズを選ぶうえで一つの大きな要素になったのは間違いないです。僕、シャイなのでまだあまり八子さんと話せていないんですが、これからグイグイ行こうと思っています(笑)。

与えられたポジションで頑張ればいいと思うんです

僕の強みですか? うーん、パワーと、人よりちょっとジャンプ力があるところですかね。逆に課題はたくさんありますよ。サーブ、スパイクの精度、ブロックの読みや動き、パスの正確性、コート内でのコミュニケーション、他の選手への気配り……、全部ですよね。バレーボールに必要なもの、全部。練習の度に自分を見つめ直して、先輩方のプレーからどんどん吸収してやっていかないといけないですよね。

今はちょうど、ケガをしたり不在だったりで選手が不足しているので急きょ、僕がオポジットに入ったりもしているんですが、ポジションへのこだわりはあまりないですね。「慣れないポジションだからミスをしても気にしなくていいよ」と言われたりもするんですけど、僕はそう思わない。本来はセンターでもオポジットをやれと言われたら必死にやることで選手としての幅が広がるかもしれないし、センターもオポジットもできるようになればそれは自分の武器になるでしょう。与えられたポジションで頑張ればいいと思うんです。

多分、目に見えないところでもチャンスは与えられていると思うんですよ。そのことに気付くかどうかが大事なんです。“新人だから”“1年目だから”っていうのは関係なく、チャンスはしっかりとものにしていきたいですね。もちろん、狙えるならスタメンを狙いますよ。そのためにチームにいるんですから、僕はポジションを取りにいきます。もしもそれでスタメンを取れたら自分の努力が実ったということですし、取れなかったらまだ努力する余地が残されているということ。どちらにしても、この1年目の経験は自分のバレーボール人生の糧にしていきたいです。

僕、バレーボールは愛人だと思っているんです

バレーボールをやっていてよかったのは、自分が生きていくうえでの目標ができたってことですかね。高校だったら全国大会に出る、大学だったらインカレで優勝する、今だったらV・プレミアリーグ優勝だし、ゆくゆくはその先に行きたいっていう、何かしらの目標があるじゃないですか。もしバレーボールをやっていなかったら、なんとなく生きているただのでかい男だったんでしょうけど、バレーボールをやっていたからこそできた目標や生きがいがあったし、それを知ることができた。そして目標を持ち続けることができたっていうのがよかったんでしょうね。バレーボールじゃないとここまで本気にならなかったですね。

実は僕、絵を描くのが好きなんですよ。大学のころまでは本気で漫画家になりたいと思っていたくらい。言葉は微妙ですけど、僕、バレーボールは愛人だと思っているんです。生涯の恋人は絵を描くことだけど、今はバレーボールという愛人に心を持っていかれてる。バレーボールを始めた中学校のころから、今までずっと。

愛人との関係は何かあったら自分で責任を取らなくちゃいけないでしょう。それに、とてもスリリングです。スポーツの世界はシビアですから、結果を残せるかどうか、責任を果たせるかどうかで続けていけるかどうかも決まるわけじゃないですか。そういう世界に身を置くことはすごく刺激的だし、わくわくしていますね。それに僕、本当は団体行動に向かないタイプなんですよ。だから多分チームスポーツも合わないんですけど、合う合わないと好き嫌いは別物で、やっぱりバレーボールのことが大好きなんです。合わないけど好きっていう、それに尽きます。愛人であり、片思いの恋ですかね。そうですね、いずれ本命とは別れて愛人と結婚……ってなっちゃうような気がしますね。

本記事は2014年9月時点のインタビューに基づいたものです。

JTサンダーズ