筧本翔昂選手のインタビュー

JTサンダーズのミドルブロッカー、筧本翔昂選手のインタビューです。

チームメートから信頼を寄せられる存在でありたい

もう少し本格的にバレーボールをやりたいって思ったんです

バレーボールを始めたのは中学1年生のとき。小学校ではサッカーをやっていたんですけど、中学校では違うスポーツをやろうと思っていたんです。それで、「何をしようかな……」と考えたときに、身長を生かせるスポーツがいいと思ったんです。中学校入学当時、すでに175cmか176cmはありましたから。でも、いざ入部したものの、バレーボール部は監督不在というか、専門の指導者がいなかったんです。だから、独学といいますか、自分たち生徒の自己流で練習をしていました。そんな中、2年生の冬に、なぜか中国ブロックの選抜合宿に呼ばれたんです。そのときに、選抜に呼ばれるのであればもう少し本格的にバレーボールをやりたいって思ったんです。そう思い始めたのとほぼ同時期に、「トップス広島バレーボール学校」というものが新しく始まるらしいと聞いて。そこで、後輩と応募したんです。その後は、後輩と2人で江田島(広島県江田島市)から通っていました。船と電車を乗り継いで。

中学校のチームでは自己流でやっていたので、「トップス広島バレーボール学校」ではパスからスパイクまで、改めて、本当に一から教わりました。当時のヘッドコーチは下村英士さん(元JTサンダーズ)。下村さんには、マンツーマンでオーバーパスやアンダーパスを教えていただきましたね。楽しかったです。訳も分からずにやっていた部分もあったかもしれませんけど(笑)。比較的、自由に楽しくバレーボールを教わることができる環境だったので。思い起こせば、身長が高かったのもありますけど、その当時から、ミドルブロッカーでした。

県のトップレベルの選手たちと集まって、共に練習をするということは、本当に刺激的だった

当時は、自分の中でバレーボールに対する意識が徐々に変わっていった時期でもありました。「トップス広島バレーボール学校」に通いながら、広島県選抜チームの合宿に参加していたのも大きな要因でしたね。やはり、県のトップレベルの選手たちと集まって、共に練習をするということは、本当に刺激的だったんです。自分は、広島県内でもとても小さな島、江田島で生まれ育ち、その中でのほほんとバレーボールをやってきましたから。下手過ぎて恥ずかしかったですけど(笑)。でも、こうして県の代表として選ばれるということは、うれしいことでしたね。だから、どうせなら上手くなりたいと思ったんです。当時、広島県内のトップ2の中学校のひとつ、広島市安佐南区にある城南中学校の監督が選抜チームの監督でもあったんです。安佐南区はバレーボールが盛んな地ですし、結構厳しい指導者が多いんですよね。当然、選抜チームの練習もハードでした。想像を絶していましたね(笑)。ただがむしゃらに、本当に必死についていくという感じでした。

当時は、とにかくバレーボールに没頭していました

高校は神辺旭高校(広島県福山市)へ進みました。まあ、練習はきつかったですね(笑)。でも、1年生からレギュラーだったんです。技術的にはまだまだでしたけど、監督は将来性を買ってくれたんですかね。実際は、そういうことを考える余裕はなかったですけど。高校時代も必死でしたから(笑)。そんな中、高校時代で一番印象に残っているのは、やはり地元広島でのインターハイですかね。高校時代で唯一、全国大会に出場できた大会なので。そして、国体優勝も思い出深いですね。当時は、とにかくバレーボールに没頭していました。自分には、それしかなかったですから。正直、バレーボールは、高校までだと思っていましたしね。だから、東亜大学(山口県下関市)監督の佐幸先生から「一緒にバレーボールをやろうや」と誘われたときは驚きました。

佐幸先生との4年間は、自分の中でとても大きいです

佐幸先生は、聞いていた通り、怖かったですね。普段はいいおっちゃんなんですけどね(笑)。コートでは怖いです。とにかく、バレーボールが大好きなんですよね。佐幸先生との4年間は、自分の中でとても大きいです。精神的な部分もそうですし、技術的にも多くのことを教わりました。バレーボールと出会った中学3年間は上を目指すきっかけを得ることができ、高校3年間はとにかくやるしかないというか、必死でついていくのが精いっぱいでした。だから、大学4年間は、意外と落ち着いてバレーボールに取り組めたんですよね。もちろん、必死でくらいついていかなければならない時期もありましたけど、それまでの中高6年間の経験が生きましたね。余裕というか、多少なりとも考えてバレーボールに取り組めたというか。それは、佐幸先生の影響が少なからずそうさせたんだと思います。当時、先生に言われていた数々のことは、与えられた言葉として今も自分の中に残っているというか。褒められることはなかったですけどね(笑)。

でも大学時代は、時折ネガティブな思考に陥ったりもしていたんですけどね。他人と比べて、自信がなくなるというんですか。東亜大学には上手い選手がたくさんいました。それまでも、選抜チームなどでよく感じてきたことですが、自分よりも身長の低い選手たちが小気味よく動いて、ブロックやスパイクを上手に決めている姿を見て、自分と比べてしまったりして……。そんな中、試合には自分が起用されて、「自分でいいんかな。大丈夫なんかな」と思ったりもしていましたね。

今は、周りを気にせず、ミスを恐れず、気持ちを新たにしています

大学でもバレーボールを続けられるとは思ってもいなかったので、まさかVリーグのチームに入るとは、全く想像していなかったです。その上、1年目の「2010/11V・プレミアリーグ」では、開幕戦から前半は試合に起用してもらいましたから。ただ、監督の期待には応えられなかったですね。尻込みしてしまったというか。今思い返せば、もっと冷静に自分と向き合えればよかったなと思います。

今は、周りを気にせず、ミスを恐れず、気持ちを新たにしています。「もう誰にも負けない」「俺がコートに立つんだ」という気持ちでチャレンジし続けることですね。ただ、学生のころみたいにがむしゃらではダメなんで。自分の悪いところ、直すべき課題を意識しつつ、一生懸命やると。余力を残さず、出せる限りの力を発揮する。当然のことですけど、日々の練習から、力の限り精一杯に取り組むことですね。限界までやってみないと、自分がどこまでいけるか分からないですから。

まずはコートに立ち続けたいですね。その上で、チームの勝利に貢献したい

もうバレーボールは、自分にとっては人生ですよね。それでご飯を食べているわけなので。何より、バレーボール人生の節目は常に自分で決断してきた分、やりがいもあります。それに、大きな会場で、大勢の観客が見ている前でバレーボールができるのは、本当に幸せなことです。そこで得られる応援は、やはり力になるし、頑張ろうって思います。だからこそ、まずはコートに立ち続けたいですね。その上で、チームの勝利に貢献したい。そこを目指して、日々練習に励んでいますからね。

やはり、自分がコートに立つことによって、チームが勝てたという流れにもっていきたい。そのためにも、どんな状況でもトスを上げてもらえるような、信頼される選手になりたいです。ミドルブロッカーはチームメートに信頼されてなんぼですから。チームが切羽詰まったところで、ぴゅっと出て、ぱっと決まったら、リズムが変わりますからね。チームメートから信頼を寄せられる存在でありたいです。そして、全日本。入りたいですね。同年代では、この長身と手の長さは武器だと思っているんで。それに加えて、あと1つか2つ“これ”という特長を手にしたいです。それらの特性を生かして、全日本で戦いたいです。

※本記事は2011年10月時点のインタビューに基づいたものです。

JTサンダーズ