塚崎祐平選手のインタビュー

JTサンダーズのウイングスパイカー、塚崎祐平選手のインタビューです。

リーグ期間中でもどんどん自分自身を追い込んで、調子を上げていける選手でありたい

自分にはチームスポーツの方が合っていると思ったんで

通っていた小学校のバレーボール部が強かったんです。全国大会で3位になるくらい。それで一度、試合を観に行ったんです。そのときに「やってみようかな」と思ったのが、バレーボールを始めたきっかけですね。小学5年生のころです。友達もやっていたし、バレーボール部の先生も好きだったので。でも、実際に自分が入部してからは、一度も全国大会に出場できなかったんですけどね……。いつも決勝戦で負けてしまうんですよ。悔しかったですね。だから、中学校でもバレーボールを続けようと思ったんです。同級生もみんな入部することを決めていましたし。でも実は、一瞬だけ、剣道部と迷ったんですけどね。当時、剣道も少しの間だけですけど、やっていたんで。ただ、自分にはチームスポーツの方が合っていると思ったんで、最終的にはバレーボールに決めたんですけどね。

中学校のバレーボール部もそれなりに強かったですね。北海道では市大会の次の管内大会というものがあるんですが、その管内大会にはたいてい進んでいました。でも、毎回といっていいくらい、江別市の江別中央中学校に負けていたんですけどね。その江別中央中学校は、全国でも優勝したことがある強豪校だったんです。でも、自分たちも全道大会で3位になったことがあるんですよ。

初めての全国大会だったので。「これが全国大会かー!」って思いましたもん

全国選抜とアクエリアス杯(現JOCジュニアオリンピックカップ)に選出されたのは、中学3年生のとき。当時、一気に身長が伸びた時期でもあったんですけど、選出された当初は不安でしたね。周りは全国大会に出場したことのある選手たちばかりでしたから。それに対して自分は、全国大会は未経験だったので。でもその不安は、練習を重ねていくうちに、徐々に打ち消されていったんですけどね。理由は……何なんですかね? 少なからず、参加当初よりも自信が持てるようになったからかな。身長がすでに180cmを超えていて、高い方だったし、練習でもみんなと遜色なくプレーできていると実感できたのが大きかったですね。

アクエリアス杯のチームは結構、期待されていたんですよ。北海道の中学校は全国大会で優勝したりしていましたしね。でも……結果は初戦敗退だったんです。チームの実力は高かったんですけどね。センスのある選手もいましたし。ただ、やっぱり緊張したからかな。自分自身はめっちゃ、緊張していたんですよ。他のチームメートと違って、自分にとっては初めての全国大会だったので。「これが全国大会かー!」って思いましたもん。だからアクエリアス杯は、1回戦敗退という結果は悔しかったですけど、それと同時に楽しい思い出でもあるんです。

高校の監督は今までのバレーボール人生の中で最も影響を受けた人

高校からは寮生活です。当然、それまでの生活からはガラッと変わりましたね。いやもう、楽しかったです(笑)。東海大学付属第四高校(北海道札幌市)は、バレーボール部以外の部活動の生徒たちもみんな同じ寮なんです。部屋には必ず誰かしらいるのが日常で、たいてい、3人以上は部屋にいたかな。だから、常に誰かといる感じでした。それに、アクエリアス杯のメンバーも何人か一緒だったので、気心の知れている仲間もいて。本当、バレーボール漬けの日々でしたけど、毎日が楽しかったですね。

ただ、トレーニングはきつかったですね。中学校まではそこまで本格的な筋力トレーニングがあったわけではなかったので。でも、高校時代のトレーニングがあったからこそ、後々自分自身の持ち味となるジャンプ力が伸びたんだと思っています。だって、中学時代は全然飛べなかったですもん。垂直飛びで55cm。本当、中学校のころはジャンプ力がなかったですね(笑)。

そしてもうひとつ、中学時代から変わったことといえば、バレーボールに対する考え方ですかね。桜田義人監督(故人/2012年6月没)からは、「しっかり自分の頭で考えてプレーしろ」とよく言われていました。練習メニューは監督が考えるんですけど、「自分のプレーに対しては、自分で考えてプレーをしなさい」という指導法だったんです。桜田監督は、今までのバレーボール人生の中で最も影響を受けた人ですね。とにかく懐の大きな人で、怒られた記憶はほとんどないです。自分たち選手の話もよく聞いてくれました。何より、監督の指導法を通して、初めて“考えるバレーボール”と出会いましたね。それは、後の大学時代、そしてJTサンダーズに入ってからも生きましたね。

当時はバレーボールのことばかり考えていました

思い出に残っている試合は、やはり春高バレーですね。あのセンターコートにはビビりましたもん。準決勝からセンターコートになるんですけど、コートの周りには観客が大勢いて、何だか圧倒されました。準決勝まではまったく緊張しなかったんですけどね。やはり、センターコートになった瞬間、ビビりまくりました。その前年がベスト8だっただけに、そのときは絶対に勝ちたかったんです。相当、気合を入れて臨んだのを覚えています。

そして、私学大会の前にケガをしたことも思い出の一つですね。高校2年生の終わりだったんですけど、腰を壊してしまったんです。実はそれまでは、オープンスパイカーだったんですよ。でも、そのケガの影響で空中に浮けなくなったんです。滞空時間が落ちたといいますか。それで、オープンではなくて、速い攻撃なども試すようになったんです。たとえば、センターでブロックをして、そのままクイックに入るとか。結構、珍しい形だったと思いますよ。でも、これだったら、ブロックもなかなかつかないだろうと思って。私学大会も直前に控えていましたしね。だから、「ケガしている場合じゃないだろう」って、いろいろと考えた結果、生まれた攻撃パターンでした。当時は、バレーボールのことばっかり考えていたんです。真面目だったんですよ。

東海大学は、それまでのバレーボール人生の中で、一番きつかったです。とにかく、朝からよく走りましたね。そんな中、1年生では何とかレギュラーを取ることができたんです。でも、2年生では取ることができなかったんですよね。悔しかったです。練習では、結構スパイクはよかったですから。ただ、カット(サーブレシーブ)がね……。いけんかったです。当時は今以上にオフェンシブなタイプだったんでね。それでも、3年生になったら再び起用されるようになったんですけど、リーグ優勝は果たせなかったんです。レギュラーを奪われた2年生のときは優勝だったんですけどね……。なので、自分がレギュラーとして出場したリーグは全部、準優勝なんです(笑)。

少しでも調子が悪ければ、すぐに他の選手に替えられるのがVリーグなんだと

JTサンダーズに入ってからは、Vリーグのトレーニングのハードさを体感しましたね。午前と午後の練習が連日続くわけで、1年目は本当にきつかったですね。思った以上にできなかったです(笑)。V・サマーリーグでは起用してもらっても、リーグではなかなか安定して試合に出場し続けられなかったですから。少しでも調子が悪ければ、すぐに他の選手に替えられるのがVリーグなんだと実感しました。自分の場合は、レシーブとブロックと、課題は明確でしたしね。

ブロックとレシーブは、まだまだ課題です。ブロックは上手い選手を見て、技をつかむようにしています。レシーブについては、やはり酒井さん(酒井大祐さん/元JTサンダーズ)ですね。よく一緒に練習をするんです。東海大学の先輩でもありますし、自分にとって酒井さんの存在は大きいですね。いろいろとアドバイスをもらったりします。それは自分だけではなく、東海大学の後輩たちもそうだと思います。深津(深津旭弘選手)や八子(八子大輔選手)も一緒に、酒井さんと練習をしたり、アドバイスをもらうことはしょっちゅうです。みんな同じ大学の出身ということもあり、仲間意識は強いですね。

スパイクに関しては、強い気持ちでいけます。たとえブロックでつかれても、レシーブでセーブされたとしても、すぐに気持ちを切り替えられるんです。「もう1本持って来い!」って思いますもん。そういうオフェンスにおけるメンタルは、高校のときにベースを鍛えられたんだと思います。当時は、「お前は決めろ。100本でも200本でも打て」と言われてきましたから。とにかく、練習から相当の本数を打っていたので、自然と自信がついていたんでしょうね。それに、速いトスとオープントスの両方を打てるという持ち味も、自信につながっているんじゃないかな。

最初は、もうビビりました。「いるー!」みたいな

ブラジル代表のジバ選手(ジルベルト・ゴドイフィリョ選手/元ブラジル代表)は憧れのプレーヤーですね。パワー、スピード、筋力――本当、どれをとってもすごいです。それに、加藤陽一さん(元JTサンダーズ・元つくばユナイテッドSun GAIA)も憧れの人ですね。小学生の時だったんですけど、全日本の試合で加藤さんのプレーを初めて見たとき、かなり衝撃を受けました。時間差でババーンと打って。本当にすごかったな。だからまさか、JTサンダーズでチームメートになるとは思ってもみなかったですね。最初は、もうビビりました。「いるー!」みたいな。ドキドキしましたね。話しかけられんかったですもん。半年間だけでしたけど、うれしかったですね。

全日本のエースだった頃の加藤さんのプレーは、今でもはっきりと覚えています。今の自分は、当時の加藤さんにはまだまだ追いつけていないです。やはり、ディフェンス力もしっかりとつけないと。そして、リーグ期間中でもどんどん自分自身を追い込んで、調子を上げていける選手でありたいです。フィジカルとメンタルの両面から。そして、やはりレギュラーとして試合に出て、チームの勝利に貢献したい。テンション上げてプレーしたいですね。

※本記事は2011年9月時点のインタビューに基づいたものです。

JTサンダーズ