安井勇誠選手のインタビュー

JTサンダーズのウイングスパイカー、安井勇誠選手のインタビューです。

同じようにプレーするなら、大きな舞台でやってみたい。

ルールもシンプルそうだったし、すごく楽しそうで

僕、3つ上に兄がいるんですよ。その兄が、中学校に入ってからバレーボールを始めたんです。それまでは僕、バレーボールってよく分からなかったんですけど、兄について試合を観に行ったりしているうちに興味を持ち始めました。実際にやってみると複雑ですけど、見ている分にはルールもシンプルそうだったし、すごく楽しそうで。それで、中学校からバレーボール部に入りました。

部活は全然厳しくもなく、和気あいあいとやる感じでしたね。とはいえまったくの未経験だったので、最初はやっぱりボール拾いとか、先輩のプレーを見たりとか、そんなところからのスタートでした。ただ、当時から身長はわりと高い方だったので、試合に出させてもらえた時期も早かったように思います。多分、1年生の秋くらいからかな? 徐々に形になってきたのは、その辺りからですね。ポジションは当時からずっとサイド(=ウイングスパイカー)です。

どんどんレベルが上がるんだってことがもう、楽しくて

僕が通っていたのは二ツ井中学校(秋田県能代市)というところなんですけど、地区の中でも少ないんですよ、バレーボール部がある学校が。4チームくらいしかなかったので、地区大会はいきなり準決勝から(笑)。1回勝てば県大会に行けちゃうというね。それで、僕らの代で県大会に出場したんですけど、実際に行ってみたらすごい選手がいっぱいいて……。それまで“お山の大将”でやっていたんだなと、自分はまだまだなんだなと刺激を受けました。それが中学2年生のとき。その冬に、県選抜の合宿に呼んでもらえたんです。

合宿の練習は、やっぱりレベルが高かったですね。それまでそんなにハードな練習はしてこなかったので「こんなにやるんだ!」と思ったりして。結構しんどかったですけど、楽しさはありました。自分も周りも強くなっていくのを実感できたし、もっとうまくなれるんじゃないかという欲も出てきて。そして、3年生の冬に、JOCジュニアオリンピックカップに出場しました。でも、予選で負けちゃったんです。まあ、負けたのはもちろん悔しかったですけど――何ていうか、県内でもあれだけびっくりしたのに、東北地方、全国と進むとどんどんレベルが上がるんだってことがもう、楽しくて。その勢いのまま、雄物川高校(秋田県横手市)へ進学した感じです。

裏切りたくないという思いはありました

高校に入ると、一気に練習が厳しくなりました。僕の場合は寮生活だったので、最初のころはホームシックもあったりして……キツイしツライしで、そのときは結構しんどかったですね。監督も厳しい方で、僕、下手くそだったんでめっちゃ怒られてたんですよ。だから、私生活では絶対に怒られたくないと思って。練習でもプライベートでも怒られたら、多分自分はもたないだろうと思ったので、私生活はずっとちゃんとしてました(笑)。それこそ毎日“反省”くらいの勢いで、もくもくと練習して夜の11時には部屋を暗くして寝てるような、そんな高校生でしたね。もう、怒られたくない一心でした。

そんな感じの高校生活ではあったんですが、今振り返ってみると、バレーボールを続けていく上で一番大事な時期だったと思いますね。まともにバレーボールと向き合い始めた時期というか。やっぱり、周りの人の存在があったからこそ続けられたんだと思います。たとえば、つらかったとき、中学校のときの先生に相談したことがあるんですけど、「頑張りすぎるな」と言ってもらえて少し楽になれたりして……。その先生だけではなく、家族もそうですし、ほかにも応援してくれる人たちがいるわけじゃないですか。その人たちのためにというか、“裏切りたくない”という思いはありましたね。“誰かのために”という気持ちは今でも変わらないです。ただ好きでバレーボールをやっているとか、そういうのだと僕、多分続かないと思うんですよ。

“誰かのためにプレーする”っていうのがいちばん身についたと思う

僕、筑波大学に入って本当によかったと思ってるんです。“誰かのためにプレーする”っていうのがいちばん身についたと思う。それはチームのためだったり、先輩のためだったり。永野さん(永野健選手/パナソニックパンサーズ)なんかもそうですけど、筑波の人たちってワーッと盛り上げていくスタイルというか、得点を決めたらとにかく走り回るんですね。それで僕も最初は先輩に引っ張ってもらって、それで自分が上になったら今度は後輩を引っ張って走り回ったり盛り上げたりして、という感じでした。

“誰かのために”っていうのを特に意識したのは、僕が2年生のとき。当時、4年生が3人しかいなかったんです。菅さん(菅直哉コーチ)と永野さんと、あと主務の方が1人。その3人がうまく役割分担しながらチームをまとめようとものすごく頑張ってくださっていて。それを知っているから、やっぱり迷惑をかけたくないと思うし、結果を出せなかったら申し訳ない、と。そのときは本当に、素直に「この人たちを勝たせてあげたい」と思いましたね。

いろいろな出会いや、周りの環境に恵まれたんでしょうね

大学1年生のときに全日本インカレで準優勝したんですけど……、あのときはビビりましたね。決勝戦、第2セットか第3セットで相手にわりと離されちゃったんですよ。そのときに僕が呼ばれて「行ってこい」と言われて。内心は「いきなりこんな舞台でやるなんて」って感じだったんですけど、がむしゃらにやるしかないなと腹をくくっていきました。思い切り声を出して、先輩と一緒に走ってやろうって。スパイクを決めたときのこととか、今でも覚えてますよ。コートに入ってすぐに時間差で切り込んでいって、菅さんがポーンってトスをくれたんです。向こうも僕なんかマークしてないからそのままバーンって打てて……気持ちよかったです(笑)。すごかったな、あれは。結局最後は負けちゃいましたけど、いい経験になりましたね。

ほかに印象に残っているのは、試合というよりもバレーボールに関してなんですけど――当時、大学でコーチをしてくださっていた秋山さん(秋山央筑波大学監督)には影響を受けましたね。確か、「自分で自分の限界をつくってはいけない」というようなことをおっしゃっていて。最初はピンとこなかったんですが、シンプルに考えてみたら「ああ、確かにな」と。“自分はここまでしかできない”と最初から決めないで、ぶっ倒れたらぶっ倒れたときに何とかしてもらえばいい、だから周りに「無理だからもうやめろ」と言われるくらいまでやってやろうと思うようになりました。自分でも素直な性格だと思いますね(笑)。反抗期もなかったくらいですし。いろいろな出会いや、周りの環境に恵まれたんでしょうね。本当にすごくラッキーだなと思っています。

選手としてプレーできるのなんて、一生のうちほんの数年じゃないですか

実は、大学卒業後はバレーボールを続ける気はなかったんですよ。普通にサラリーマンになろうと思って就職活動をしていたんです。けど、全然決まらなくて(笑)。別にやりたいこともなかったし、中途半端な気持ちでやっていたのがよくなかったんでしょうけど。いろいろと受けましたよ。アパレル会社も受けたし、秋田県警も受けたし。アパレル会社のうちの1つは、とんとん拍子に進んだところがあったんですけど、第4次面接で落ちちゃった。なんでだめだったのかは分からないけど、今思えば落ちてよかったなと思います。

そんなときに大学の同期のやつから「一緒にバレーボールを続けようぜ」って連絡をもらったんです。僕、単純なんで、そう言ってくれる仲間がいるなら……と思って、次の日に都澤先生(都澤凡夫前筑波大学監督/故人/2015年1月没)のところに行って「バレーボールをやります」と言いました。引退してからすでに半年くらいブランクがあったんですけど、実際にもう一度体を動かしてみて――そのときにやっと思いましたね。やるならちゃんと、バレーボールで食べていけるようになろうと。

それから、V・チャレンジリーグのチームに入って。2つのチームに、どちらも1年間ずつ在籍していました。2つ目のチームに入ったとき、最初は「ずっとこのチームにいよう」と思っていたんです。そう考えて真剣にバレーボールと向き合って、少しずつだけど力もつけて……。でも、2012年に経験した入替戦(V・チャレンジマッチ)と黒鷲旗――あの2つを経験して、“やっぱりもっと上を目指したい”って欲が出たんです。入替戦の雰囲気って、V・チャレンジリーグと全然違うんですよ。お客さんもたくさんいて「ああ、V・プレミアリーグではいつもこんな雰囲気の中で試合をしているんだな」と。選手としてプレーできるのなんて、一生のうちほんの数年じゃないですか。せっかく同じようにプレーするなら、大きな舞台でやってみたいと思ったんです。そして、前所属チームをやめて、その夏の北海道芦別合宿からJTサンダーズに合流しました。

成功しても失敗しても全力でプレーすることが大事

JTサンダーズはすごくポテンシャルの高い選手がそろっているな、という印象がありました。僕はそういうタイプじゃないですね。思い切りのよさが売りというか、鉄砲玉じゃないですけど、ガーッと攻めて、成功しても失敗しても全力でプレーすることが大事だと思っているので。たとえば、攻める局面で僕がサーブを入れにいったりすると、多分周りは“あいつらしくないな”と感じると思うんですよ。だから、とにかく思い切ってやる。

今の課題は、ディフェンス面の強化ですかね。サーブレシーブもそうですけど、ディフェンスからリズムはつくられていくものだし、パスのできる選手はほかにもたくさんいますし。あとは、波を安定させることが求められていると思います。今はピンチサーバーとしての起用が多いけれど、やっぱりいずれはアウトサイドとして試合に出場したいですね。いろいろな課題はありますけど、残された時間で補っていきたいです。

改めて本当に負けたくないと思いました

この間、パナソニックパンサーズと堺ブレイザーズのファイナルラウンドがあったじゃないですか(注:2013年4月)。それをみんなで観戦していたんですけど、普段、戦っている相手がああいう舞台でやっているのを見ると、改めて本当に負けたくないと思いました。JTサンダーズは歴史のあるチームだけど、まだ優勝はしていない。もちろん僕も経験したことがない。それなら自分がそのステージへ行くための雰囲気をつくったり、影響を与えていけるような選手になりたいですよね。

“自分にとってバレーボールとは”――何だろう……、僕プロフィールに何て書いてましたっけ? いや、でも何て書いていたかじゃなくて、今、感じるものがいいですもんね。……そうですね、やっぱり自分が自分らしくあれるものであり、場所なんだと思います。

――書いてたことと合ってました? 合ってた。ああ、ぶれないですねえ。自分、そういうところがあるんですよ(笑)。

※本記事は2013年4月時点のインタビューに基づいたものです。

JTサンダーズ