猫田勝敏年譜

猫田勝敏の残した偉大な足跡

39歳という短い生涯において、誰よりも強くひたむきにバレーボール人生を駆け抜けた猫田勝敏のバイオグラフィーをご紹介しています。

  • 1944年
    2月1日、広島県安佐郡安古市町(現広島市)に生まれる
  • 1950年
    古市小学校入学。バレーボールを始める
  • 1956年
    安佐中学校入学。9人制のセンターでトスを上げる
  • 1959年
    崇徳高校入学。稲葉正文(故人)監督の下で、本格的なセッターを目指す
  • 1962年

    日本専売公社広島地方局(現日本たばこ産業株式会社中国支社)入社

    専売広島(現:JTサンダーズ)に入部し、6人制バレーを始める

  • 1963年
    初の全日本入り
  • 1964年
    「東京オリンピック」に最年少(20歳)で出場。銅メダルを獲得
  • 1965年
    「第1回ワールドカップ」4位
  • 1966年
    「第6回世界選手権」5位
  • 1968年
    「メキシコオリンピック」出場。銀メダル獲得
  • 1969年
    「第2回ワールドカップ」2位。「ベストセッター賞」受賞
  • 1970年
    「第7回世界選手権」3位。「ベスト6賞」受賞
  • 1971年
    9月28日、宮崎県延岡市で行われた招待試合で右腕を骨折
  • 1972年

    6月25日、「第10回NHK杯」で9カ月ぶりにカムバック

    「ミュンヘンオリンピック」出場。9月9日、念願の金メダル獲得

  • 1974年
    「第8回世界選手権」3位
  • 1976年
    「モントリオールオリンピック」出場。4位。開会式では、日本選手団の旗手を務める
  • 1977年
    「第3回ワールドカップ」2位。「トス賞」受賞
  • 1978年
    「第9回世界選手権」11位
  • 1980年

    「モスクワオリンピック」最終予選を最後に、17年間の全日本生活を終える

    「第13回日本リーグ」では小田雅志選手に正セッターの座を譲り、監督としてベンチで采配を振るう

    6月17日、「日本バレーボール協会」より、初の「バレーボール栄誉選手賞」が贈られる

  • 1983年

    9月4日、胃の悪性腫瘍のため、39歳の若さで逝去

    9月28日、「紫綬褒章」の遺族追章を贈られる

  • 1993年

    6月23日、中華人民共和国より「オリンピック百年百傑」受賞

    (過去100年間のオリンピックにおいて活躍し、かつスポーツ発展に貢献した世界で100名の有名スポーツ選手を表彰)

  • 2001年
    「国際バレーボール連盟」より、「世界バレーボール20世紀の最優秀賞特別賞」受賞
JTサンダーズ