トップス広島バレーボール学校

トップス広島バレーボール学校についてご紹介しています。

オール広島 オール・スポーツの実現

「トップス広島バレーボール学校」は、「広島トップスポーツクラブネットワーク(略称:トップス広島)」の活動に賛同し、2002年に開校。以来、JTサンダーズのジュニアチームとして活動しています。バレーボールの普及・強化に力を入れており、毎年、バレーボールに強い情熱を持つ男子中学生が多数入学。毎週土曜日の練習のほか、バレーボールに関する体験学習やキャンプ、交流試合なども積極的に行い、バレーボールの普及と同時に、未来のVリーガーの育成にも力を入れています。

JTサンダーズの選手やスタッフ、OBが指導

「トップス広島バレーボール学校」では、トップレベルで活躍した経験豊富なコーチ陣が生徒の指導にあたっています。ヘッドコーチはJTサンダーズのOBであり、ソウルオリンピック(1988年)代表の原秀治。そのほかにもJTサンダーズの選手やスタッフ、OBが多数参加しています。

指導スタッフ

ヘッドコーチ:原 秀治(ソウルオリンピック出場/広島県バレーボール協会強化委員長/元JTサンダーズ)
コーチ:金澤 宏(広島県バレーボール協会指導普及委員長)
指導者:JTサンダーズ選手・コーチ・OBほか
アドバイザー:下村英士(ロサンゼルスオリンピック出場/広島県バレーボール協会専務理事/元JTサンダーズ)

トップス広島について

「広島トップスポーツクラブネットワーク(略称:トップス広島)」は、2000年4月に旗揚げされたNPO法人です。トップス広島にはJTサンダーズを含め、広島県内から競技種目の枠を超えた8競技・9チームが加盟。「オール広島オール・スポーツ」の実現を目指し、日本のトップレベルの選手や団体によるスポーツの普及、指導、育成をはじめとした、さまざまな活動を実施しています。

加盟チーム

JTサンダーズ
サンフレッチェ広島/ワクナガレオリック/広島メイプルレッズ/広島ガスバドミントン部/NTT西日本広島ソフトテニスクラブ/中国電力陸上競技部/コカ・コーラウエストレッドスパークス/広島東洋カープ

JTサンダーズ