福島第1原子力発電所事故災害に伴う葉たばこ農家に対する損害賠償の要請について

日本たばこ産業株式会社は、福島第1原子力発電所事故災害に伴う葉たばこ農家に対する損害賠償についての要請を、本日、以下の内容で東京電力株式会社に行いました。

たばこ事業法に基づき、当社と葉たばこの売買契約を締結した福島県の葉たばこ農家(1,175戸)は、2011年3月11日に発生した東日本大震災に起因する福島第1原子力発電所の事故により、2011年産葉たばこの生産を断念せざるを得なくなりました。
このため、たばこ耕作組合中央会長、福島県耕作組合長から貴社に対し、2011年4月22日付文書「福島第1原子力発電所事故災害に伴う平成23年産葉たばこの作付中止と損害賠償について」により申し入れがなされたとおり、福島県の葉たばこ農家は、農業経営の継続や生活の維持が困難な状況にあります。
貴社におかれましては、被害を受けた葉たばこ農家の生活再建のため、補償等充分な対応を一刻も早く実施されるよう要請いたします。

2011年6月10日
日本たばこ産業株式会社
代表取締役社長 木村 宏