「平成30年7月豪雨」に対する支援について(第2報)

このたびの平成30年台風第7号及び前線等に伴う大雨による災害で被災された皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

日本たばこ産業株式会社(JT)は、平成30年7月豪雨により被害を受けられた方々を支援するために、JTグループとして以下の通り拠出することを決定しました。

1. 義援金の寄付
・JTより、社会福祉法人中央共同募金会を通じて2,000万円を寄付
 岐阜県・京都府・兵庫県・岡山県・広島県・愛媛県・高知県・福岡県へ計800万を寄付。
・テーブルマークグループより、500万円を寄付
・鳥居薬品株式会社より、500万円を寄付

2. 飲料等の緊急支援物資を寄贈

3. JTグループ従業員へのマッチング募金の呼びかけ
・会社マッチング分をあわせた、約579万円を被災地支援活動に寄付。

4. 従業員ボランティアの実施
・9月14日広島県安芸郡坂町森浜地区において土砂の撤去作業のボランティアを実施。

お亡くなりになられた皆さまのご冥福をお祈りするとともに、被災地域の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

ご参考: CSR情報> 社会貢献活動> 災害分野

2018年9月19日
日本たばこ産業株式会社