旧日本専売公社職員の業務上の石綿による健康被害について

現在、旧日本専売公社職員について、日本専売公社時代の業務が原因で発生したと認められる傷病については、従前の日本専売公社の業務災害補償制度に従い当社において補償しております。
今回、石綿に関する疾病に関しては、潜伏期間が長いなどの特別の事情があり、また今般国において、石綿による健康被害の救済に関する法律が制定されたことに鑑み、日本専売公社時代の業務に起因する指定疾病等(※)により死亡された旧日本専売公社職員のご遺族であって、日本専売公社の業務災害補償制度に定める時効期間が経過し遺族補償の給付を受ける権利が消滅された方に対し、平成18年3月27日からの3年間のお申し出に限り、以下のとおり新たな救済措置を設けることとしました。

指定疾病等とは、石綿を原因とする中皮腫、肺がん、石綿肺、びまん性胸膜肥厚及び良性石綿胸水となります。

1.対象となる方

日本専売公社時代の業務上の石綿暴露に起因する指定疾病等により死亡された旧専売公社職員のご遺族であって、時効により遺族補償の給付を受ける権利が消滅された方

2.給付内容

特別遺族年金: 原則年240万円(最低補償額 1,200万円)
なお、特別遺族年金の対象とならないご遺族には一時金を支給します。

3.対象となるご遺族の範囲

配偶者、子、父母、孫、祖父母及び兄弟姉妹で、給付対象要件に該当する方

4.請求期限

平成18年3月27日から平成21年3月26日までの3年間を請求期限とします。

5.お問い合わせ先

〒105-8422 東京都港区虎ノ門二丁目2番1号
日本たばこ産業株式会社
人事部 労災担当
電話 03-3582-3111(代表)