医薬事業

医薬事業

病気から世界の人々を救う「オリジナル新薬の創出」に挑み続けます

JTは1987年より医薬事業に進出しました。自社にとどまらず、ライセンスパートナーをはじめとする国内外のネットワークやグループ会社との連携を活用した研究開発を推進するとともに、スムーズな製造・販売体制を構築しています。画期的なオリジナル新薬を創出し、一日も早く患者様にお届けすることを目指しています。

画期的な新薬創出のための研究開発

横浜リサーチセンター(神奈川県横浜市)

横浜リサーチセンター(神奈川県横浜市)

研究開発力の強化を目的として、1993年に「医薬総合研究所」を設立。この研究施設を中心に、主に「糖・脂質代謝」「免疫・炎症」「ウイルス」の領域で研究開発を行っています。2000年には海外での開発機能を強化すべく、米国の子会社アクロス・ファーマ社に臨床開発機能を付加。また、研究開発スピードを加速させるため、自社の化合物の導出(ライセンスアウト)や、導入(ライセンスイン)する機会を積極的に追求することにも取り組んでいます。

鳥居薬品(株)との協業

医薬品
高リン血症治療剤「リオナ錠250mg」(2014年5月発売)

1998年、JTは鳥居薬品(株)をグループ会社に迎え、医薬事業の国内基盤の強化を図ってきました。グループ内での相乗効果を最大限に発揮すべく、主にJTが研究開発機能を、鳥居薬品(株)が製造・販売およびプロモーション機能を担っています。鳥居薬品(株)では、医薬情報担当者(MR)が、医療関係者に医薬品情報を提供し適正な使用を推進することで、すべての人々がより良い健康状態を実感できる社会を目指し、活動を続けています。