ABOUT JT

JTの経営理念

JTの経営理念と使命・行動指針のご紹介

経営理念 お客様を中心として、株主、従業員、社会の4者に対する責任を高い次元でバランスよく果たし、4者の満足度を高めていく
JT グループミッション 私たちJTグループの使命。それは、自然・社会・人間の多様性に価値を認め、お客様に信頼される「JTならではのブランド」を生み出し、育て、高め続けていくこと。
JT グループWAY そのために、私たち一人ひとりが、○お客様を第一に考え、誠実に行動します。○あらゆる品質にこだわり、進化し続けます。○JTグループの多様な力を結集します。

当社グループの経営理念は、「4Sモデル」の追求です。これは「お客様を中心として、株主、従業員、社会の4者の満足度を高めていく」という考え方です。

当社グループは、「4Sモデル」をベースに、「JTならではの多様な価値を提供するグローバル成長企業であり続けること」を目指す企業像(ビジョン)として定めており、また、「自然・社会・人間の多様性に価値を認め、お客様に信頼されるJTならではのブランドを生み出し、育て、高め続けていくこと」が当社グループの使命であると考えております。

加えて、当社グループ社員の一人ひとりが徹底すべき行動規範・価値観として「JTグループWAY」を掲げており、「お客様を第一に考え、誠実に行動すること」「あらゆる品質にこだわり、進化し続けること」「JTグループの多様な力を結集すること」という3つのステートメントによって、表現しております。

当社グループは、「4Sモデル」を追求することを通じ、これまで持続的な利益成長を実現してきましたし、今後もその実現を目指していきます。持続的な利益成長のためには、お客様に新たな価値・満足を提供し続けることが前提となることから、中長期的な視点に基づき、将来の利益成長に向けた事業投資を着実に実施していくことが肝要と考えております。
この「4Sモデル」を追求していくことが、中長期に亘る企業価値の継続的な向上につながると考えており、株主を含む4者のステークホルダーにとって共通利益となる、ベストなアプローチであると確信しております。

会社概要

売上収益・利益・従業員数などの基本データ

名称 日本たばこ産業株式会社(JT)
事業内容 JTグループは、国内・海外たばこ事業、医薬事業、加工食品事業を中心とした事業活動のほか、社会への取り組みや企業イベント・企業スポーツを展開しています。
設立 1985年4月1日
資本金 1,000億円
売上収益 2兆2,528億円(2015年1月-12月期)
営業利益 5,652億円(2015年1月-12月期)
代表取締役社長 小泉 光臣
従業員数(連結) 44,485人(2015年12月末)
本社所在地 〒105-8422 東京都港区虎ノ門2-2-1
URL https://www.jti.co.jp/
※当社グループでは、2012年3月31日に終了する連結会計年度からIFRSを適用しております。
gotoTop

SHARE US