Internship Entry
Menu
About
JT

たばこの歴史と
JTの歩み

JTについて

様々な文化や時代と紐づくたばこの歴史と、JTの歩みを紹介します。

古代~明治・大正時代

様々な役割、文化として
発展してきた「たばこ」

人類の歴史と長い関わりを持つ「たばこ」は、年月の経過とともに、
ひとつの文化としてさまざまな発展を遂げてきた

儀式や治療マヤ文明
神とたばこの関係が信じられていた大陸では、たばこは儀式にも欠かせないものだった。たばこから立ち昇る“紫煙”は、神々への良き供え物であると同時にお告げをもたらすものと考えられた。また、たばこは、治療にも用いられた
マヤの神のレリーフ(複製) 擬人化された神がたばこをくゆらせる姿を表現しているといわれる
友好のしるし大航海時代
サンサルバドル島に上陸したコロンブスの一行は、先住民アラワク族から”友好のしるし”として、香り高い乾燥した葉=「たばこ」の葉を受け取った
アメリカ到達500周年記念切手
8枚セットの1枚
1988年/アンティグア・バーブーダ発行
独自の文化江戸時代
刻んだたばこをキセルで楽しんだり、たばこ盆やたばこ入れなどの喫煙具がつくられるなど、日本独自の喫煙文化が発展した
シガレットの発展明治・大正時代
紙巻きたばこ(シガレット)が国内で製造され、明治後期には、政府が国家の財源確保のため、たばこに関する法律を次々と制定し、たばこ産業は国営化される。その後も市場は成長を続け、大正時代には、その製造量は刻みたばこを上回った
- 1970年代以前

近代日本の
たばこ産業の原点

大蔵省(当時)管轄の日本専売公社として、
日本のたばこ産業の基礎をつくる

1949
日本専売公社設立
1957
国産初のフィルター付き製造たばこ「HOPE」発売
1969
国産初採用のチャコールフィルター付き製造たばこ「Seven Stars」発売
1977
「MILD SEVEN」を発売
1980年代

民営化と
現在につながる
事業基盤の構築

日本たばこ産業株式会社として民営化、
たばこ・医薬・加工食品と今に続く事業構成の土台を築く

1985
日本たばこ産業株式会社設立
1985
新規事業の展開を図る事業開発本部を設立
その後の改組により、医薬事業部・食品事業部を設置
1988
コミュニケーション・ネーム「JT」導入
1990年代

M&Aを機に世界有数のブランドを獲得

販売数量世界第3位の(※)
グローバルたばこメーカーへと躍進

※中国専売公社を除く

RJRナビスコ社の米国外たばこ事業の買収により、
競争力あるブランドとグローバルな事業基盤を獲得

1992
マンチェスタータバコ社(英国)を買収
1993
医薬総合研究所を設置
1998
鳥居薬品㈱の発行済株式の過半数を取得
1999
RJRナビスコ社(米国)から米国外のたばこ事業を買収、
世界的ブランド「Winston」「Camel」を取得
海外たばこ事業の販売数量が飛躍的に伸長し、前年度比9倍超に増加
1999
旭フーズ㈱等子会社8社を含む旭化成工業㈱の食品事業を取得
2000年代

グローバル展開の更なる加速

グローバルたばこメーカー
としての地位を確立

ギャラハー社の買収により、海外たばこ事業がより一層拡大し、
多様な人財を獲得するとともに、財務基盤がより強固なものへ

2005
CRES Neva Ltd.(ロシア)を買収
2006
AD Duvanska Industrija Senta(セルビア) を買収
2007
ギャラハー社(英国)を買収、世界的ブランド「LD」「Benson&Hedges」等を獲得
海外たばこ事業の販売数量は前年度比5割以上増加し、
JTグループ全体の利益成長を牽引する存在に
2008
㈱加ト吉および(現テーブルマーク㈱)及び富士食品工業㈱の
発行済株式のそれぞれ過半数を取得
2010年代 以降 -

変化するお客様の多様な
嗜好・ニーズに対応し、
新たな価値を提供

M&Aを通じた地理的拡大及び
既存市場における自律的成長により、海外たばこ事業を強化するとともに、
リスク低減製品(※1)(RRP(※2))をはじめとした多彩な選択肢を提供
※1 リスク低減製品・喫煙に伴う健康リスクを低減させる可能性のある製品
※2 RRP:Reduced-Risk Products

2013
「MILD SEVEN」ブランドを「MEVIUS」へ変更
2015
E-Vapor会社Logic(米国)を買収
2016
レイノルズ・アメリカングループ(米国)より
「Natural American Spirit」の米国外たばこ事業を取得
2016
「Ploom TECH」を国内で発売
2016
- 2018
フィリピン、インドネシア、ロシア、バングラデシュ等でたばこ事業に係る買収を実施
2019
「Ploom TECH+」、「Ploom S」を国内で発売
2020
「Ploom S」をロシア、イタリア、英国で発売
2021
「Ploom X」を国内で発売
JT Recruit Entry