2021/10/14

INTERVIEW

「2021-22 V.LEAGUE」開幕直前!
合田心平副主将インタビュー

「2021-22 V.LEAGUE」開幕直前! 合田心平副主将のインタビューをお届けします。

昨シーズンを振り返って、課題や収穫を含めどのようなシーズンでしたか?

この結果に誰も納得も満足もしていません。僕自身もJTサンダーズ広島に入ってからだけでなく、V.LEAGUEでこれほど勝てなかったシーズンはなかったですし、チームとしても個人としても反省や課題の多いシーズンでした。

長年外国人監督の体制が続き、いい意味でも悪い意味でも外国人監督は「俺がボスだ」と主張しますし、自分の考え方を反映させてチームをつくり、引っ張って行くのに対して、昨シーズンからスタッフも代わり、原秀治監督は強制するのではなく選手に考えさせるスタイルなので、そのギャップも正直あったと思います。
チームとして見れば第3Legから金子聖輝選手や内定選手の新井雄大選手が出たり、若い力が出てきたりしたのはいいことですが、お互いの考え方ややり方が浸透しきれず、全体的には課題が多いシーズンでした。

なかなかうまくいかない状況が続く中、選手同士でどのように取り組んできたのでしょうか?

昨シーズンの途中から選手同士でのミーティングを増やしたり、ポジションごとに話し合って考え方を共有したりする機会を増やしてきました。僕も昨シーズンに初めて副主将になり、それまでは「頑張って試合に出たい」と自分のことを中心に考えてきましたが、副主将という立場になったことでチームのために何か働きかけなければ、と思って、ポジションミーティングをしよう、と発案しました。

セッター同士でも、相手のブロックのつきかたや、トーマス・パトリック・エドガー選手だけに頼らないゲームメイクなどいろいろな話をして収穫もありましたが、結果にはつながらずチームとして6位というのも久しぶりでしたし、JTサンダーズ広島のストロングポイントを見せることもできなかった。そして、自分たちの課題が出た際の修正能力が足りなかったと思いますね。

特に上位3チームには苦戦が続きました。技術面を含め、力の差を感じたとしたらどんなところでしたか?

昨シーズンを振り返ると優勝したサントリーサンバーズさん、パナソニックパンサーズさん、ウルフドッグス名古屋さん、トップ3のチームはやはり全体的にバレーボールの質が高く、強さという面でも抜けていた感じがします。一人ひとりの能力が高いというのもありますが、シンプルなバレーボールでも完成されていて、いいところまで行ってもそこから勝ちきれない。
大きな差というよりも、小さな差が重なったイメージです。相性という面で見ると、サントリーに対しては悪くないのですが、とにかくパナソニックに対する苦手意識が強い気がします。僕自身、パナソニックから移籍してきたので、対戦相手だった頃もJTサンダーズ広島はパナソニックに対して苦手意識が強いな、と感じていたぐらいです。まずここを何とかしないと、というのはありますね。

昨シーズンの反省を踏まえ、今シーズン、チームとして強化したことは?

監督から「攻撃面で一番になろう」と提示され、エドガー選手に頼らず全員で攻撃していく形を目指して取り組んできましたが、それは少しずつ完成されてきたと思います。新井選手や坂下純也選手、新人選手も攻撃力のある選手が多いので、彼らが機能すれば目指すバレーボールに近づいていくと思います。
特に新井選手は化けないといけない選手だと思うし、日の丸をつけて代表で戦うポテンシャルを持った選手なので、もっともっと伸びてもらわないと困るし、それだけの力がある。本人もディフェンスが課題だとわかっているので、少しでも時間があればレシーブの練習をしてきて、パスも安定してきましたし、あの高さは魅力だと思っています。

エドガー選手がいない期間にゲーム形式の練習をする時はアウトサイドの選手が入れ替わってレフト、オポジットといろいろ回って入るので、その分攻撃のパターンも増えていますし、それぞれ攻撃のバリエーションを増やそうと取り組んでいます。若い選手に限らず、攻撃陣の成長は大きく感じますね。

攻撃陣を活かすために、セッターの存在は不可欠です。合田心平選手、金子選手、セッターとして取り組んできたのはどんなことですか?

JTサンダーズ広島のバレーボールは相手から見れば中央ゾーンからの攻撃が少ないと見られていると思います。前衛では安永拓弥選手と小野寺太志選手が頑張ってくれているので、ミドルが打ってくるイメージはあるかもしれませんが、パイプが少ない。もっとバックアタックを使って行きたいですし、僕が出るときは劣勢の状況や、流れを変えたい場面が多いと思うので、シンプルにアタッカーが気持ちよく打てるトスを託して、攻撃力の高い選手ばかりなので、最大限の力を発揮できるようにアシストできればと思います。

アタック決定率の向上と共にサーブも強化してきたそうですね

ジャンプサーブを打つ選手は常にスピードを計測してスピードを求めながら、コースを着実に狙う。いい形でサーブ力も上がっていると感じます。僕自身はフローターなので確実にコースを狙うことが一番ですが、これまで打ってこなかったハイブリッドも含め、新しいチャレンジもしています。
さまざまな世界大会を見ていても、ミスを恐れずにどんどん攻めるのが大事だと伝わってきましたし、日本だけでなくバレーボール全体がサーブで攻めるバレーボールに転換しているので、どのチームもサーブには力を注いでいるはずです。ミスを恐れず攻めるのが第一で、なおかつ相手の嫌なところを狙って攻撃枚数を減らすとか、その後の展開も考えながらいいサーブを打つ、というのが共通の目標です。

チームとしての今シーズンの具体的な目標は?

監督もファイナル進出と掲げていましたし、最低でもその位置には行きたいですね。3位以内に入るためには30勝近くあげなければ難しいですし、昨シーズンの17勝19敗という成績では到底届かない。ファイナル6からファイナル進出を決めていた頃は4位でも下剋上がありましたが、3位以内に入るとなるとすべての試合が負けられないし、前半戦からかなり大切です。
今シーズンは新監督になったり、外国人選手が変わったりしたチーム、移籍も多いので例年以上に戦力値が読めず、どのチームにもチャンスがあると思いますね。

今シーズンは小野寺主将、副主将として合田選手がこれまで以上にこんなことを働きかけていこう、など新たな考えなどあれば教えてください

山本将平選手の時もそうでしたが、主将だからと背負わずやりたいようにやってくれればいいし、その下でフォローしたりまとめたり、僕ら副主将が動けばいいと思っていました。もちろん小野寺選手には言葉にも出してチームを引っ張ってもらわないと困りますが、彼はそういうタイプでもないので(笑)、まずは好きなようにやってもらって、嫌われ役というか、周りに対して厳しく言うとか、そういう役割は僕が助けられればと思います。
このレベルで個々がしっかりしていれば誰が主将でも問題ないと思いますし、そういうチームじゃないと優勝できないと思うんです。

この人が言ってくれるからいいや、やってくれるからいいや、自分はこういうキャラだから、ではなく、勝つことに対してどれだけ全員が全力を注げるか。そういう面ではプレーの面だけでなく、新井選手にももっと発言してほしいし、下からどんどん突き上げてほしいですね。

勝つチームには勝つ理由がある。JTサンダーズ広島が勝つチームになるために、もっと高めなければならないのはどんなところだと思いますか?

いい意味でも悪い意味でも、JTサンダーズ広島はいい子ちゃんしかいないんです。“ガキ大将”みたいな選手はいなくて、みんなが仲良いし、みんなで頑張ろう、という優しい選手が多い。それもいいことなんですけど、でもバレーボール選手として目指すのはチャンピオンになることで、そのためにはもっと勝つために何が必要か主張してもいいと思うし、普段の練習から時にはぶつかり合うことも大事。

平和に時が流れるだけでは意味がないと思うんです。昨シーズンまでは、そういうところを深津旭弘選手(現 堺ブレイザーズ)がビシっと引き締めてくれていたし、深津選手が果たしていた役割はものすごく大きかったんですけど、深津選手がいないからゼロになりました、じゃチームとしてダメだと思います。
長いシーズンの中では、うまく行かないこともあるし、たるんだり緩みが出てくることもありますが、そこでちゃんと「それはダメだよ」とチームを引き締める役割や存在が必要だと思うので、そこは積極的に僕が言うようにしていますね。
もちろん深津選手と同じようにはできないですし、一方的に伝えるだけではうまく伝わらない。伝え方も気を付けるようにしていますが、同じ副主将の井上慎一朗選手はフォローするのがすごくうまいんです。僕が若手に対してバーンと強く言った後にも「あれはこういうことだよ」と僕が言いたかったことを理解して伝えてくれて、フォローしてくれる。彼も個性豊かな中央大学で主将をしていた選手なので、人と人をコントロールするのがうまいし、僕自身もすごく助けられています。

応援してくださる方々や、地元広島の方々に対して、今シーズンのJTサンダーズ広島は違うぞ、というポイントやどんなところを見せたい、見てほしいと思いますか?

昨シーズンは不甲斐ない結果でしたから、ファンの皆さんも広島の皆さんも当然満足していないと思います。まずは新しいチームとして、強くなったところを披露できればと思いますが、負ける時も昨シーズンは一方的に点を取られて大差で負けることが多かったので、その波をなくしたいですね。
バレーボールは企業スポーツではありますが、バレーボールを仕事とする以上プロスポーツという意識もありますし、プロスポーツはお客さんがいなければ成り立ちません。強い姿、最後まで戦う姿をお見せしたいですね。

さまざまな競技に注目が集まる中、バレーボールの魅力を伝えるのもトップチームが担う役割、使命でもありますが

最近はSNSに力を入れてきたと思いますが、まだまだバレーボール界は情報発信が上手じゃないと感じることもあります。他競技を見ると「こんなことをやるの?」と驚かされることも多いですし、その時点で興味が出ますよね。
インスタグラムを始めたり、新しいチャレンジをしたりしてはいますが、特定の選手だけでなくバレーボール全体に注目していただくためにはやはり「バレーボールって面白い」と思わせないといけない。

僕たちV.LEAGUEで戦う選手はやはり勝つことが、一番の魅力を伝える手段だと思いますし、海外や高校、大学、幅広いカテゴリーにも注目してもらえるように、バレーボール界がもっと一つになって、育成や普及にも力を入れていかないといけないですね。

最後に、応援して下さる方々へのメッセージをお願いします

僕はいつも全力でプレーすることを心がけているので、まずはその姿を見て応援していただければ嬉しいです。チームとしても、昨シーズンよりいい結果を残すべく、夏から課題を持って取り組んできました。練習試合など思うようにできず、まだまだ不安もありますが、V.LEAGUE開幕に向けてしっかり準備していきたいと思います。今シーズンも、応援よろしくお願いします。