JTのビジョン

たばこを好きな人がいます。たばこを嫌いな人がいます。

世の中には、さまざまな暮らしがある。さまざまな人がいる。
そのひとりひとりに、それぞれの思いや感情がある。
たばこについても同じように、いろいろな考えがあると思います。

たばこを吸うことは、健康上のリスクを伴います。
それを認識したうえで、たばこを吸う大人には、それぞれにたばこを愛用する理由があります。

一方、たばこを吸わない人にとっては、たばこの煙が迷惑になることがあります。たばこを吸う大人は、つねにマナーを守ることを心がけるべきです。

だから、私たちJTは、吸う人、吸わない人が共存できる世の中をめざし、さまざまな活動にいま取り組んでいます。

私たちは「分煙環境の整備」を進めています。それぞれの場所に合うさまざまなやり方で、吸う人も吸わない人も心地よく過ごせる環境を増やしたいと考えているからです。

私たちは「マナーの啓発活動」も進めています。たばこを愛用する人は、周りを思いやることが、何より大切であると考えているからです。

私たちは「新しいスタイルのたばこ製品の開発」にも力を入れています。火を使わないたばこ、煙の出ないたばこ、においのつかないたばこなど、これまでになかった製品を世の中に送り出すことで、吸う人と吸わない人の共存に向けた選択肢が広がっていくと考えているからです。

さまざまである、ということ。
それを認め合い、尊重しあえる未来の社会を想像しながら、私たちJTはこれからも、いろいろな活動を真摯につづけていきたいと思います。

CM・広告

CM

「ひとつずつですが、未来へ。」製品の取り組み篇

「ひとつずつですが、未来へ。」分煙の取り組み篇

「ひとつずつですが、未来へ。」マナーの取り組み篇

「ひとつずつですが、未来へ。」多様性の尊重篇

「ひとつずつですが、未来へ。」協調ある共存篇

「ひとつずつですが、未来へ。」大人のたしなみ方篇

新聞広告

マナーの取り組み

分煙の取り組み