~東日本大震災復興支援~
「JT NPO応援プロジェクト」創設について
2013年8月より第1回募集開始

2013/07/26発表

~東日本大震災復興支援~
「JT NPO応援プロジェクト」創設について
2013年8月より第1回募集開始

JT(本社: 東京都港区、社長: 小泉 光臣)は、社会貢献活動における、東日本大震災復興支援の取り組みの一環として、特に甚大な被害を受けた岩手県、宮城県、福島県の復興・再生・活性化の一助となることを目指し、この東北3県に拠点を置いて活動する民間非営利組織への助成を行う「JT NPO応援プロジェクト」を創設し、2013年8月より第1回募集を開始します。

JTグループは、社会と共生する「良き企業市民」であることを目指した社会貢献活動に取り組んでおり、「社会福祉」、「文化・芸術」、「環境保全」、「被災地域への支援」の4分野を重点分野と定め、これまでにも、「社会福祉」分野では「JT NPO助成事業」や「JT国内大学奨学金」で被災地支援枠を設けるなど、東日本大震災復興支援に取組んでまいりました。

今般創設する「JT NPO応援プロジェクト」は、被災地で復興に取組む民間非営利組織が安定して活動できるよう、従来の「JT NPO助成事業」の被災地支援枠を独立させ、助成規模を拡充するものです。
なお、従来の「JT NPO助成事業」については2014年度も引き続き“地域コミュニティの再生・活性化”をテーマに全国で実施してまいります。

本プロジェクトは、認定特定非営利活動法人 日本NPOセンターの「東日本大震災現地NPO応援基金(特定助成)」を通じて3ヶ年にわたり助成事業を募集します。審査は社外有識者中心に構成する選考委員会で行われ、助成先及び助成金額を決定します。募集は年4回行い、年間20件程度の事業に対し、1件あたり300~500万円を助成します。

JTは、「JT NPO応援プロジェクト」を通じ、東日本大震災で被害を受けた地域の民間非営利組織の活動を支援することで、わずかなりとも復興の一助となることを期待しています。