「たばこと塩の博物館」移転リニューアル・オープン2015年4月25日(土)10:00~

2015/1/26発表

JT(本社:東京都港区 社長:小泉 光臣)は、2013年9月に休館した「たばこと塩の博物館」を渋谷区から墨田区に場所を移し、2015年4月25日(土)、装いも新たにリニューアル・オープンします。

「たばこと塩の博物館」は、たばこと塩の歴史や文化に関するテーマを中心とし、それらを取り巻く時代や地域に関する幅広いテーマを取り上げて紹介する総合的な博物館として、1978年11月3日の開館から35年にわたり、渋谷区神南の地で営業してきました。2012年8月には来館者数が延べ300万人を超えるなど、多くの方々から親しまれてきました。2013年9月より一時休館していましたが、このたび渋谷区から墨田区に場所を移し、2015年4月25日(土)にリニューアル・オープンします。

この度のリニューアル・オープンにおいては、これまでの“たばこ”“塩”の常設展示室と特別展示室を約2倍の広さに拡充するとともに、視聴覚ホール、ワークショップルーム、図書閲覧室などの施設機能を充実します。
たばこ常設展示室は、「たばこ文化の発生」「世界のたばこ文化」「江戸のたばこ文化」「近現代のたばこ文化」の4カテゴリで構成され、拡大した展示スペースに、日本や世界の喫煙具や美術工芸品などをこれまで以上に数多く展示します。また、たばこ文化の起源といえるマヤ文明の遺跡、メキシコのパレンケ遺跡「十字の神殿」の一部とそこに刻まれたたばこを吸う神のレリーフを現地の職人の手により再現した実物大模型など、迫力のある展示を行います。
また、塩の常設展示室は、「世界の塩資源」「日本の塩づくり」「塩のサイエンス」の3カテゴリで構成され、世界遺産であるポーランドのヴィエリチカ岩塩坑で、坑夫たちに信仰されている「聖キンガ像」を現地の職人の手により再現製作した岩塩彫刻などを展示します。

 新所在地である墨田区横川は、浅草、両国から近い立地です。また、同地は、明治37 (1904) 年のたばこ製造専売制導入後、初期に設立されたたばこ製造工場が、所在・名称を少しずつ変えながら、現在もJT生産技術センターとして稼働する、日本のたばこ産業にとって重要かつ縁のある地域です。また、墨田区エリアは、現在では伝統産業や文化・芸能などに関連した大小さまざまな美術館・博物館が所在する、文化・教育的にも大変魅力的なエリアです。

たばこと塩に関する資料、そして歴史と文化をしっかりと保存・継承していくことは、当社の社会的責任のひとつであると考えています。これからも、たばこと塩の博物館の事業活動を通じ、広く社会の皆様へ、たばこと塩の歴史と文化の紹介に努めていきます。

ご質問、ご意見などございましたら、お電話もしくはインターネット(フォーム)で承っております。
また、お客様から多くお寄せいただくご質問については、「よくある質問」にも掲載しております。