グローバルNo.1ブランドを目指して
CABINとCASTERはWinstonへ
日本で長く愛されてきた2つのブランドを新たにグローバルブランドへ統合
2015年8月上旬より「ウィンストン・キャビン」、「ウィンストン・XS・キャスター」へ

2015/5/20発表

JT(本社:東京都、社長:小泉 光臣)は、日本国内で30年以上に亘るロングセラーブランドであるキャビンおよびキャスターを、グローバル・フラッグシップ・ブランド(※1)の一つであるウィンストンへと統合し、2015年8月上旬より、「ウィンストン・キャビン」、「ウィンストン・XS・キャスター」として展開します。

キャビンは1978年に、キャスターは1982年に日本で発売されて以来、細部にまでこだわった高品質な味・香りに高い評価を頂き、多くのお客様よりご支持をいただいてきました。
一方、ウィンストンは1954年に米国で誕生し、以来60年余の歴史と伝統をもつメジャーブランドです。2007年には世界第2位(※2)のブランドとなり、現在では日本を含む世界111の国・地域(※3)で販売され、JTのたばこ事業の成長を牽引しています。

このたび、キャビン、キャスターは、味・香りはそのままに、新たにウィンストンの名称を冠するとともに、パッケージも全世界統一のデザイン体系へと刷新します。
日本市場においては、2015年8月上旬よりブランド名称を「ウィンストン・キャビン」、「ウィンストン・XS・キャスター」へと順次切り替え、2015年10月中旬より新デザインへと順次刷新します。

JTグループは、ウィンストンの“グローバルNo.1ブランド”への成長を目指した中長期的なブランド戦略の一環として、更なるブランド価値向上を図るとともに、日本に限らずアジア、ひいては世界の多様なお客様の嗜好に応えていくことで地理的拡大と成長の加速を図ってまいります。

日本市場におけるキャビン、キャスターの切替スケジュールについて

キャビン、キャスターはウィンストンと統合し、日本市場においては、2015年8月上旬よりブランド名称を「ウィンストン・キャビン」、「ウィンストン・XS・キャスター」へと順次切り替え、2015年10月中旬より新デザインへと順次刷新します(※4)。
新しいウィンストン・ブランドは、味・香りはそのままに、全世界統一のデザイン体系へと、パッケージデザインを進化させます。ウィンストン内の各シリーズ毎の味・香りの特徴を表現するため、シリーズ毎にベースとなる色調を配色し、曲線を部分的に配置した、洗練された高級感のあるデザインとしました。

日本市場におけるウィンストンの切替スケジュールについて

本件に伴い、現行ウィンストン・ファミリーのうち主力4銘柄のパッケージデザインを2015年10月中旬より変更(※5)します。

※1

JTグループのブランドポートフォーリオの中核を担う「ウィンストン」「メビウス」「キャメル」「ベンソン・アンド・ヘッジス」「シルクカット」「LD」「ソブラニー」「グラマー」の8ブランドのこと

※2

JT調べ

※3

2014年12月時点

※4

「ウィンストン」(ソフトパック)、「キャビン・ゴールドワイルド・8・ボックス」、「キャスター・ゴールドシルク・6・ボックス」については、名称やデザインの変更はございません

※5

「ウィンストン・XS・6・ボックス」については、デザイン変更にあわせてロングサイズに進化し、「ウィンストン・XS・6・100’s・ボックス」として10月中旬より順次切り替え予定です

ご質問、ご意見などございましたら、お電話もしくはインターネット(フォーム)で承っております。
また、お客様から多くお寄せいただくご質問については、「よくある質問」にも掲載しております。