~東日本大震災復興支援~「JT NPO応援プロジェクト」第12回助成団体の決定について
第12回助成として6団体、総額2,231万円の助成を実施
本プロジェクトは最終回。3か年で延べ72団体、総額約2億9,000万円の助成を実施

2016/6/22発表

JT(本社:東京都港区、社長:小泉 光臣)は、社会貢献活動における、東日本大震災復興支援の取り組みの一環として、特に甚大な被害を受けた岩手県、宮城県、福島県の復興・再生・活性化の一助となることを目指し、認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター(以下、日本NPOセンター)の東日本大震災現地NPO応援基金(特定助成)への寄付により、「東日本大震災復興支援 JT NPO応援プロジェクト」を創設しています。
このたび、第12回助成として6団体に対し2016年7月より総額2,231万円の助成を開始します。

第12回助成の募集は、2016年4月1日から4月15日まで行い、計52件の応募申請がありました。応募事業の主な活動地域は岩手県11件、宮城県24件、福島県14件、複数地域での活動2件、3県外での活動1件となりました。選考は、外部有識者等を中心に構成する選考委員会が行い、6団体に対する助成を決定しました。

本プロジェクトは、日本NPOセンターの東日本大震災現地NPO応援基金(特定助成)により2013年から3ヶ年にわたり計12回助成を実施し、今回が最終回となります。毎年、募集を年4回行い、年間20件程度の事業に対し、1件あたり最大500万円を助成してきました。
これまでの助成実績は、最終回となる第12回助成を含めると、累計72件のNPO事業に対し、総額約2億9,000万円の助成となりました。

JTは、この「JT NPO応援プロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地域で活動する民間非営利組織の活動を支援してきました。被災地域に寄り添い活動を行ってきた民間非営利団体を支援することで、復興の進捗により、刻々と変化する被災地の皆様の多様な期待、希望に、わずかながらでも応えることが出来たものと考えています。
しかしながら、東日本大震災から5年が経過した今もなお、復興への道のりは長く、いまだ多くの支援が必要とされています。JTは今後も被災地のニーズと向き合い、具体的な取組み内容を随時検討しながら、復興の一助となることを目指して復興支援活動を実施してまいります。

ご質問、ご意見などございましたら、お電話もしくはインターネット(フォーム)で承っております。
また、お客様から多くお寄せいただくご質問については、「よくある質問」にも掲載しております。