第52回 葉たばこ審議会の答申について

2017/10/26発表

第52回 葉たばこ審議会の答申について

JT(本社:東京都港区、社長:小泉 光臣)は、本日(10月26日)開催の第52回葉たばこ審議会(会長:小林 芳雄)に対し、2018年の国内産葉たばこの耕作面積については前年契約面積(注)に対し4.7%減の7,436ha、買入価格については前年に対し0.51%引き上げ、全種類平均1kg当り1,887円14銭とする諮問を行い、審議の結果、諮問のとおりの答申をいただきました。

当社は、今回の答申にそって2018年産葉たばこの耕作面積および買い入れに関する業務を進めてまいります。

(注)契約面積には、福島県の休止面積を含む

ご質問、ご意見などございましたら、お電話もしくはインターネット(フォーム)で承っております。
また、お客様から多くお寄せいただくご質問については、「よくある質問」にも掲載しております。