LGBTに関する取り組みを評価する「PRIDE指標2018」において
最高位『ゴールド』を受賞、『ベストプラクティス』に選定!

2018/10/11発表

JTは、本日、任意団体「work with Pride(以下wwP)」※1が策定する「PRIDE指標2018※2」において、最高位の『ゴールド』を受賞し、wwP PRIDE指標運営委員会※3が特に優れていると判断した取り組みを評価する『ベストプラクティス』に選定されました。(『ゴールド』の受賞は2016年より3年連続受賞、『ベストプラクティス』は2017年より2年連続で選定。)

今回の受賞は、wwPが目指す「企業・団体等の枠組みを超えてLGBTが働きやすい職場づくりを日本で実現する」ために策定した指標に基づき、以下の5つのカテゴリーから採点され、各カテゴリーにおける取り組みが評価された企業・団体を表彰するものです。

1. Policy(行動宣言)
2. Representation(当事者コミュニティ)
3. Inspiration(啓発活動)
4. Development(人事制度・プログラム)
5. Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)

JTは、一人ひとりの個性が尊重され、多様性が活かされた環境づくりに向けてLGBTに関する研修等を通じた意識啓発、社内制度の見直しをはじめとした環境整備、多様な価値観を認め合える風土づくりを行ってきました。

JTでは、性別、性自認、性的指向や年齢、国籍だけではなく、経験、専門性など、異なる背景や価値観を尊重し、違いに価値を見出すことが、会社の持続的な成長に繋がると考えており、多様化(ダイバーシティ)の推進を経営計画の課題のひとつとして位置付けています。今後も多様な人財の活躍による持続的成長に向けて、多様化の推進に積極的に取り組んでまいります。

※1

任意団体work with Prideは、企業などの団体におけるLGBTに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援しています。

※2

PRIDE指標2018の詳細につきましては、wwPのホームページ別窓で開くをご参照ください。

※3

wwP PRIDE指標運営委員会は、任意団体wwPの構成団体のうち、非営利組織である、認定特定非営利活動法人グッド・エイジング・エールズ、特定非営利活動法人虹色ダイバーシティの2者で構成されています。

ご質問、ご意見などございましたら、お電話もしくはインターネット(フォーム)で承っております。
また、お客様から多くお寄せいただくご質問については、「よくある質問」にも掲載しております。