R&D墨田ビル

研究開発から製造現場までを統括する、製品開発の要

墨田ビルは、葉たばこ研究所・たばこ中央研究所を含めた研究成果を踏まえ、製品化するための技術開発を推進しながら製品開発を担うJTの開発拠点の要です。ブランドのコンセプトづくりも担っており、マーケットニーズに合わせた製品開発も行っています。また、たばこに関わる品質分析・解析を行ない、その結果をフィードバックすることで、研究開発を支援する役割も担っています。 製品表示の保証管理も行うため、日本適合性認定協会(JAB)から試験所としての認定を受けた分析機関でもあります。敷地内に隣接する生産技術センター(JTのマザーファクトリー)と連携しながら、実際に製品化した際の製造に向けたスケールアップも含めた開発をしており、研究開発から製造までを統括するJTの製品開発の要の機能を有しています。

  • 墨田ビル外観
  • たばこ香料の調合
  • 新規ブレンドの試作品開発
  • シガレットの物理特性測定
    (巻品測定装置)
  • 新たな形態のたばこ製品開発

アクセス

日本たばこ産業株式会社

墨田ビル

〒130-8603

東京都墨田区横川1-17-7

都営浅草線・本所吾妻橋より徒歩10分

都営浅草線、京成線、東京メトロ半蔵門線、東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)・押上駅より徒歩10分

JR総武本線、総武線快速・錦糸町駅より徒歩15分

東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)・とうきょうスカイツリー駅より徒歩6分

R&D墨田ビル 製品技術開発センター 所長より

「モノづくり」の最終ランナー

墨田ビルでの仕事の魅力は何と言っても「モノづくり」の最終工程に携われることです。たばこ中央研究所や葉たばこ研究所の研究成果やアイデアをたばこづくりの要素技術にブラッシュアップし、お客様のニーズに合わせてイノベーティブなモノに仕上げ、お客様にとって最高の製品を世に出していくことが、私たちの責務であり最大の喜びです。墨田ビルには、要素技術の開発を担当する製品技術開発センター、それらを組み合わせて製品の開発を行う製品開発センター、製品品質を分析し保証する品質分析センターがあります。社員一人ひとりが、「お客様に感動をお届けしたい」という想いを持って、知恵を出し合い、協力し合って、仕事をしています。また、開発成果は国内のみならず、海外のブランドにも搭載されるため、JTI-R&Dの各部署との協働を通じてグローバルビジネスを体感できることも特色の一つです。モノづくりの最終ランナーとして、私たちは誇りと責任をもって、ワクワクしながら日々の開発を進めています。

豊富な経験×科学の力×鋭い感性=お客様の感動

たばこづくりの要素技術には、葉組(葉たばこのブレンド)技術・加工処理技術・香料技術・材料(巻紙・フィルター等)技術・パッケージ技術等があります。従来の開発は各技術領域のエキスパートがその豊富な経験に基づき行ってきました。現在はこれに加えて「科学的な考察力」と「お客様価値への鋭い感性」も開発において重視しています。科学的な知見をもとに考察し、たばこづくりの要素技術を進化させて新しい技術を生み出すとともに、お客様価値に対してイマジネーションを働かせることで潜在ニーズを見出すことも大切と考えています。エキスパートの豊富な経験と科学の力・鋭い感性が融合することで、お客様の期待を超えた真のイノベーションを創出できると信じています。最近では、シガレットとは異なる次世代のたばこ商品の開発にも力を入れています。お客様にとって未体験の次世代商品を開発していくためには、たばこのみならず嗜好品全般に関する科学的・文化的な深い洞察が必要となります。各技術領域における専門性を極め、お客様を研究して感性を磨き、それらを効果的に連携させながら開発を行うことで、私たちは「お客様に感動をお届けしたい」と考えています。

自ら考動し、協創を通じて、新しい領域を切り開く人財

仕事の面白さは、当事者意識を持って積極的にその仕事に向き合い、チャレンジしていくことで醸成されていくものです。また、好奇心が強く、いろいろなことから発想の刺激を受け、仮説を次々と進化させる柔軟性も大切です。「これは面白い」というひらめきと、そのひらめきを貢献できることに繋げていくという「想い」をもとに考動し、仕事仲間とともに協創しながら、粘り強く成果へと結実させていくことが重要です。人は仕事を通じて成長していきます。JTは、人財が成長する「場」、活躍する「場」を提供し続けていきます。いろんな「場」を積極的に活用し、自分で自分を成長させていくことが大切です。何を成し遂げたいかという自分の「想い」をしっかりと持って、主体的に考えて行動(=考動)し、仲間との協創を通じて、新しい領域を切り開いていける人財を求めています。

R&D墨田ビル
製品技術開発センター
北尾 智 所長
メッセージ

自分の「想い」をしっかりと持って取り組んでいってください

私たちは、学生の皆さんにできるだけ多くの社員と会う機会を提供し、JTがどういう雰囲気の会社かということを感じ取ってもらえるよう心掛けています。会社の雰囲気は社員が醸成していきます。JTの多様な人財との対話を通じて、風通しの良さや一体感といったJTの雰囲気を感じ取ってもらえればと思います。
学生の皆さんには、いろんなことに好奇心を持って積極的にチャレンジして頂きたいと思います。皆さんの「想い」の実現に向かって、自分の目で見て、自分で考え、自分で判断して行動することを心がけてください。自分の「想い」をしっかりと持って、自分の価値観を磨き、一生懸命に取り組んでいってください。必ず、「想い」は実現します。