飲食店の事例

イタリアン・トマト カフェジュニア 池袋西口店
東京都豊島区

カフェでありながら、ケーキやパスタなどの食事メニューが充実している「イタリアン・トマト カフェジュニア」。
フランチャイズ展開を行うこのレストラン・カフェの1店舗に新しいスタイルの分煙が導入されました。

今回、分煙が行われたのは池袋西口店。同店では当初、喫煙席と非喫煙席が固定化されていました。

しかし、“ビジネスマンの多い朝は喫煙率が高い一方、女性客の多いランチ・タイムは喫煙率が低下する”というように、時間帯で顧客の属性が変化していたため、店内を全面的にリニューアルし、“顧客ニーズや利用実態によって空間構成を変えられる分煙”を試験的に導入しました。

今回のリニューアルを機に、店内のイメージも落ち着きのある居住空間を重視したトーンに一新。店舗の利用者からは、“煙が以前より気にならない”と好評を得ています。

店内には間仕切りに加えて案内板を設置し、喫煙スペースの存在を明確化している。

分煙Pointをチェック!!

「イタリアン・トマト カフェジュニア 池袋西口店」で行われているのは、間仕切りを利用して空間構成を変えられる分煙。店内の数カ所に設置したロールスクリーンを間仕切りとして用い、朝から昼までと、昼以降と、2つの時間帯で喫煙席と非喫煙席の面積や席数を変え、顧客のニーズに応えている。

さらに、店内の排気設備を空間構成に併せて稼働調節し、排気量を可変させることで、より効率的な分煙空間を創出している。

顧客のニーズに応える2つの時間帯分煙

ビジネスマンの利用が多い11:00までの時間帯は、ロールスクリーンで仕切られた写真奥のスペースがすべて、喫煙席となる。
11:00以降は間仕切りを上げ、非喫煙スペースの席数を多めに担保している。

ご相談は無償で承ります。まずはお気軽にお電話ください。