共存に向けた取り組み Initiatives for Coexistence

吸う人も吸わない人も、
それぞれが認め合うことのできる、
心地よいひとときを実現したい。
そんな想いから、JTグループは、

互いに共存できる社会を目指した
さまざまな取り組みを続けています。

おすすめ情報

シフトピ
マンガでわかる分煙対策
変進力診断

分煙の取り組み

これまで培ったノウハウを生かし、かつ法令や条例を遵守しながら、飲食店やオフィス、商業施設などへのコンサルティングを通じてたばこを吸われる方・吸われない方の双方を考慮した空間造り、そして双方が共存できる「分煙社会」の実現に取り組んでいます。

マナーの取り組み

喫煙マナーの大切さに、気づき、考え、行動していただけるよう広告やポスターによるマナー啓発、市民参加型の清掃活動などの取り組みを行っています。

製品の取り組み

加熱式たばこに代表される、たばこ葉を燃焼させない全く新しい方法・スタイルにより、味・香りを愉しむことができ、たばこを吸う人と吸わない人が共存できる社会の実現に貢献していきます。

ひとつずつですが、未来へ。

製品も、マナーの一部になっていく。
そんな「まったく新しいマナーのかたち」を、社会のみなさまにご理解いただくために。そしてひとりでも多くのお客さまに選んでいただくために。私たちJTはさまざまな活動を進めています。

  • たばこと塩の博物館
  • ちょっと一服ひろば
  • 一般社団法人日本たばこ協会
  • シフトピ
  • 変進力診断

こんなページもおすすめです