ひろえば街が好きになる運動

× 野口健

アルピニスト・野口健さんと2006年から行っているコラボ活動の一部を、活動報告レポートとしてご紹介します。

第21回 高松冬のまつり

2007年12月23日

挨拶の途切れ目がごみの始まり!

■“ひろ街”当日の様子
高松駅周辺と「高松冬のまつり」の会場となる中央公園で「ひろえば街が好きになる運動」を実施しました。
当日は野口健さんも参加し、ミニトークショーも行いました。
■ 野口健さんのコメント
山に登っていると挨拶とごみに面白い関係性があることに気付きました。挨拶のあるところはごみも少なく、
挨拶のないところは汚れる。挨拶がなくなってきたところから、一気にごみが増える。
挨拶の途切れ目がごみの始まりです。ごみというのは人や社会の姿をはっきり映し出しています。