ひろえば街が好きになる運動

× 野口健

アルピニスト・野口健さんと2006年から行っているコラボ活動の一部を、活動報告レポートとしてご紹介します。

おわら風の盆

2009年9月1日

アクションを起こし、継続させることが大切です

■“ひろ街”当日の様子
今年で4回目を迎えた富山市越中八尾のお祭り「おわら風の盆」で、2日間に渡って“ひろ街”の活動が行われ、
野口さんが、清掃活動や街の美化を人々に呼びかけられました。
■ 野口健さんのコメント
学生時代に北陸地方の山で岩登りをしていたので、富山は懐かしい場所です。
ここは“ひろ街”活動の必要はないんじゃないかと思うくらい、ゴミが少なくてきれいな街ですね。
ゴミのない街は人から愛されてますから、富山も愛されているんでしょうね。
美化活動って、言葉で言っても伝わらないものです。まずは自分のやっている姿を見せ、それから相手にやってもらうと、
みんな自然とゴミや美化に敏感になる。だから、アクションを起こし、続けることが一番大切なんですよ。