環境マネジメント

JTグループでは、国際規格(ISO 14001・ISO 50001)*に準拠して、環境およびエネルギーマネジメントシステムを構築しています。また、小規模な事業所に対しては、JTグリーンシステム(簡易型環境マネジメントシステム)を適用することで、一貫した取り組みを推進しています。

ISO 14001は企業に対し、自社の企業活動にとどまらず、バリューチェーン全体にわたる視点で環境問題を捉えることを求めています。ISO 50001も2018年に改訂され、私たちは現在、この新規格に対応する水準に引き上げるべく、既存のエネルギーマネジメントシステムを再構築している最中です。

また私たちは、環境およびエネルギーマネジメントシステムの効率化を進めるとともに、このシステムを品質管理、労働安全衛生、事業継続など、その他の経営上の重要課題に関わる仕組みに組み込んでいくことを目指しています。

JTグループでは、こうした私たちの取り組みや成果を客観的に評価するため、CDPやDow Jones Sustainability Indices (DJSI)等、外部の評価機関を活用しています。

ISO 14001認証

JTグループでは、重要な環境課題を管理し、リスクを緩和し、機会を最大限に活用するための環境マネジメントシステムの枠組みとして、ISO 14001を用いています。紙巻たばこ製造工場とたばこ関連工場については、ISO 14001の認証を受けた工場の割合を経時的に把握するようにしています。最新の情報は環境負荷実績をご覧ください。

*

ISO 14001とISO 50001はそれぞれ、環境マネジメントシステムとエネルギーマネジメントシステムの国際規格です。これらの規格は、企業に対し個別具体的な実施項目を定めたものではなく、継続的な環境負荷の軽減やエネルギー効率向上につながる効果的なマネジメントシステムを企業が構築するためのフレームワークを提供しています。

CDP最高評価「Aリスト」、サプライヤー・エンゲージメント・リーダーに選定

国際的な環境情報開示のプラットフォームであるCDPより、気候変動及び水セキュリティへの対応と戦略において優れた取り組みを行う企業として、最高評価である「Aリスト」に3年連続で選定されました。また、サプライチェーンにおける気候変動への取り組みも優れているとして、サプライヤー・エンゲージメント・リーダーにも3年連続で選定されました。

山下 和人 取締役 専務執行役員 コンプライアンス・サステナビリティマネジメント・総務担当 Chief Sustainability Officer

山下 和人
取締役 専務執行役員
コンプライアンス・サステナビリティマネジメント・総務担当
Chief Sustainability Officer
(2021年12月末時点)

3年連続で、気候変動と水セキュリティの2分野において「CDP Aリスト」に選定されたことを大変嬉しく思います。また、環境負荷の軽減に向けた私たちの不断の努力と透明性ある情報開示が、国際的に影響力のある企業調査において高く評価されたことを誇らしく思います。

CDPへの開示情報はこちらからご覧いただけます:CDP Climate 2021PDFを開くCDP Water 2021PDFを開く(英語)

環境に配慮した調達活動

環境に配慮した調達活動は、環境負荷の軽減に必要不可欠な取り組みです。JTグループはこの取り組みを推進するため、海外たばこ事業においてサステナビリティ調達部門を設けました。サステナビリティ調達部門は、サステナビリティ調達関連、特に容器包装などに関わる取り組みを推進し、JTグループのサステナビリティ戦略に掲げる目標達成に向けた活動を支援し、サステナビリティをテーマとしたサプライヤーとの緊密な連携を担っています。

国内事業では環境負荷が少ない製品及びサービス購入を推進するために「グリーン購入ガイドライン」を策定しています。このガイドラインには、環境にやさしい製品やサービスのリストが掲載されており、このリストに掲載された事務用品、OA機器、社有車等を購入することで環境に配慮した調達活動が実践できる仕組みです。新たに調達可能となった製品やサービスの状況に基づいてガイドラインの定期的な見直しを行い、また購入実績等のモニタリングも行っています。

環境に配慮した調達活動とは、製品及びサービスの購入だけを対象にした取り組みではないと考えています。環境マネジメント及び環境負荷軽減を推進するためには協業は欠かせないという考えのもと、私たちはサプライヤーとの協業を模索し、すでに始動したプログラムもあります。海外たばこ事業のグローバルサプライチェーン管理部門が取り組む主要なサステナビリティテーマのひとつにエネルギー効率の改善があります。施策の一環として、2021年にはたばこ事業においてグリーンモビリティプログラムを立ち上げました。目的は、事業活動に使用する車両の脱炭素化を推進し、事業や私的な移動にともなうGHG排出を削減することです。このプログラムをサポートするため、グリーンモビリティ・ハンドブックを策定し、コミュニケーションキャンペーンを展開しています。

環境教育システムと社内啓発活動

JTグループでは、環境課題への理解を深めることは全従業員と共有すべき重要なテーマと考え、情報発信や教育活動に取り組んでいます。毎年、研修や環境月間等、環境意識を高めるキャンペーンを行い、また社内イントラネット通じて定期的な情報発信を行っています。

事業活動に由来する環境負荷軽減を実現するために、事業拠点ごとに環境マネジメントを推進する管理責任者を任命しています。管理責任者はJTグループの環境マネジメントシステムに関する研修を受け、また関連法規についても知識を深めます。より高度な研修プログラムも開発し、内部監査や環境データの報告を担当する社員が参加することで業務遂行に必要な知識を習得できる仕組みを整えています。

JTグループでは、グループの環境マネジメントシステムが機能していることを、事業部門から独立した内部監査員が、監査プロセスを通じて検証しています。

近年力を入れている取り組みのひとつに「Sustainability Days」という社内イベントがあります。サステナビリティをテーマに掲げたイベントとして毎年実施し、主要分野のひとつには環境が含まれています。イベントはグループ全体で実施する大規模なものから、各拠点が独自に企画する小規模なものまで、テーマもさまざまです。温室効果ガス排出量、自然資源、廃棄物等、内容は多岐にわたります。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。