加工食品事業

概要

加工食品事業では、「一番大切な人に食べてもらいたい」という想いのもと、「お客様に安全でかつ、おいしく、安心してお召し上がりいただける」製品づくりを進めています。今後も暮らしの源である「食」の世界を通じて、お客様から支持され続ける存在を目指していきます。

私たちは、安全で高品質な食品をお客様にお届けすることを使命として掲げています。食の安全に関わる私たちの調達方針は、原材料調達から製造委託まで、すべてのサプライヤーをカバーしています。また、製品や製造プロセスの環境負荷軽減についても、継続的に取り組んでいます。

加工食品事業のバリューチェーン*

加工食品事業のバリューチェーン

 

*

この図は、冷凍食品と常温食品のバリューチェーンを表したものです。私たちは、取引業者や契約工場に原材料を提供している農家などの原材料製造業者と直接取引を行っておりません。

加工食品事業のサステナビリティ戦略

2019年を通して、私たちは議論を重ね、3つの注力分野を策定しました。品質と技術にこだわった製品でお客様ニーズにお応えすることを目指し「お客様の期待を上回る製品・サービスの提供」を注力分野の1つとしました。また、「人財への投資」を重視し、安心して働ける職場づくりへの取り組みや人財育成に努めてまいります。さらに「持続可能なサプライチェーンの構築」を3つ目の注力分野と定め、サプライチェーンが中長期でサステナブルであるよう、環境や社会面でのリスク低減に取り組み、お客様に安全・安心な製品を継続的にお届けしてまいります。なお、各注力分野については、計8つの取り組み目標を設定しています。

これらの取り組み目標は、サステナビリティに関わる実績の進捗管理を行う際の指標となり、JTグループが長期にわたって持続可能であるための柱でもあります。ステークホルダーの皆さまや私たち自身に対してコミットした目標の達成に向け、全力で取り組んでまいります。今後、進捗状況について、定期的にお知らせする予定です。

JTグループのサステナビリティ戦略は、こちらをご覧ください。
また、グループとしての取り組みに関しては、人財への投資環境もあわせてご覧ください。

事業を通じたサステナビリティへの取り組み

 

安全で⾼品質な製品をお客様にお届けするために、私たちはフードセーフティ、フードディフェンス、フードクオリティ、フードコミュニケーションという4つの視点で安全管理の徹底を図っています。

具体的な取り組みはこちらをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。