オフィスの事例

the SOHO
東京都江東区

SOHOスタイルの集合ビルとして世界最大規模を誇る「the SOHO」。
“仕事・遊び・コミュニケーション”をテーマにオフィス環境が整備され、入居者に快適なビジネス環境を提供できるように、エントランス・ロビーやバー・ラウンジ、コンベンション・センターなど、共用施設の充実が図られています。

それらの共用施設のなかでも特に入居者に好評なのが、ビルの1階にある「the Salon」です。

喫煙可能なリフレッシュ・スペースとして設置されたサロンでは、壁や扉で仕切らずに、喫煙エリアと非喫煙エリアを区分。たばこを吸われる方と吸われない方が、1つの空間で共存できる分煙環境が提案されています。

SOHOとはSmall Office Home officeの略称。小規模事業者または個人事業者が、小さな事務所や自宅を仕事場に、インターネットなどの情報通信を活用して事業を行う新しいワーク・スタイルを意味する。

年中無休で、10:00~18:00まで利用できる「the Salon」。スモーキング・カウンターやソファなど、黒で統一されたインテリアとカラフルな壁面のコントラストが、通りからも目を引くスペースだ。

分煙Pointをチェック!!

喫煙も可能なリフレッシュ・スペース「the Salon」のサブ・タイトルは、“REFRESH AND COMMUNICATION”。その言葉通り、たばこを吸われる方と吸われない方の双方が共存しやすい、新しい形のスペースが生み出されています。

Point1 快適な共存空間を実現する気流形成と効率的な排気

喫煙エリア内にあるスモーキング・カウンターの真上には、局所排気を設置。
さらに、その周囲にも排気口を設けることで、効率的な排気がなされています。

加えて、非喫煙エリアの天井部から吹き出された空気が、非喫煙エリアから喫煙エリアへ向かう空気の流れを形成。非喫煙エリアへのたばこの煙やニオイ漏れを防止しています。

Point2 円滑なコミュニケーションを生みだす計算し尽くされたインテリア・デザイン

中央に、プッシュ式の灰皿を設けた、全長7メートルのスモーキング・カウンター。

たばこを吸われる方同士が心地よく向き合えるスケールのカウンターは、非喫煙エリアと並行に設置され、たばこを吸われない方とのコミュニケーションも図りやすい配置となっています。

ご相談は無償で承ります。まずはお気軽にお電話ください。