分煙とは?

給気や排気など、分煙環境の整備はとても難しいと思っている人も多いかもしれません。しかし、空気の流れや煙の性質を理解することで、より効果的な分煙ができるようになります。さっそく、分煙の基本を学んでいきましょう。

分煙の基礎、「給気」と「排気」

喫煙スペースから非喫煙スペースへたばこの煙やニオイを漏らさないようにするには、境界部分(開口部)において、非喫煙スペースから喫煙スペースへ風速毎秒0.2m以上の空気の流れを作る必要があります。
また、喫煙スペース内を効率良く換気するためには、壁や天井の換気扇で排気するだけでなく、空気を取り入れる給気口が必要になります。

知っておきたい煙の性質

煙には、「上昇しながら拡散する」という性質があります。また「壁や天井、物体の表面を伝う」性質もあり、壁の形をうまく使って、煙の流れを誘導することで、分煙を行うことも有効です。

ご相談は無償で承ります。まずはお気軽にお電話ください。