健康増進法改正について

健康増進法が改正され、2020年4月までに段階的に施行されます。

施設・店舗の喫煙ルールはどうすればいいのか、いつから施行されるのか、代表的な施設ごとに、わかりやすく紹介します。

学校・病院など
事務所・商業施設など
飲食店
ホテル・旅館
学校・病院など

2019年夏頃から敷地内禁煙となりますが、以下の対応が可能です

屋外に喫煙所を設置することが可能です

喫煙所を設置する場合は、受動喫煙を防止するために必要な措置をとることが求められます

必要な措置の詳細は今後決定予定です

事務所・商業施設など

2020年4月から原則屋内禁煙となりますが、以下の対応が可能です

屋内に喫煙室を設置することが可能です

加熱式たばこ専用室の設置も可能です

喫煙室には標識の掲示が必要です

喫煙室の技術的基準は今後決定予定です

喫煙室内には20歳未満の者を立ち入らせてはいけません

屋外に喫煙所を設置することが可能です

飲食店

2020年4月から原則屋内禁煙となりますが、以下の対応が可能です

新規店または経営規模の大きい店舗

喫煙室を設置することが可能です

喫煙室内では飲食はできません

喫煙室には標識の掲示が必要です

喫煙室の技術的基準は今後決定予定です

喫煙室内には20歳未満の者(従業員を含む)を立ち入らせてはいけません

加熱式たばこ席を設置することが可能です

加熱式たばこ席とは、健康増進法における「加熱式たばこ専用の喫煙室」(飲食等も可)を指します

加熱式たばこ席には標識の掲示が必要です

加熱式たばこ席の技術的基準は今後決定予定です

加熱式たばこ席内には20歳未満の者(従業員を含む)を立ち入らせてはいけません

店外に灰皿を設置することが可能です

既存店かつ経営規模の小さい店舗

経過措置として、現在の喫煙ルールを継続することができます

喫煙可能な場所には標識の掲示が必要です

喫煙可能な場所には20歳未満の者(従業員を含む)を立ち入らせてはいけません

経過措置の期間は決まっていません

ホテル・旅館

2020年4月から共用部については原則屋内禁煙となりますが、以下の対応が可能です

共用部

屋内に喫煙室を設置することが可能です

加熱式たばこ専用室の設置も可能です

喫煙室には標識の掲示が必要です

喫煙室の技術的基準は今後決定予定です

喫煙室内には20歳未満の者を立ち入らせてはいけません

屋外に喫煙所を設置することが可能です

客室

客室は健康増進法の適用除外のため、「喫煙」「禁煙」を選択することができます

飲食事業者向け、あなたのお店の分煙対策診断はこちら

あなたのお店の分煙対策診断

健康増進法について、より詳しい内容はこちら

分煙の基礎知識 法律

助成制度について、より詳しい説明はこちら

国や自治体の助成制度について知る

ご相談は無償で承ります。まずはお気軽にお電話ください。