データで見る分煙状況【宿泊施設編】

さまざまな人が利用する宿泊施設。客室やそれ以外の共有部では、どのように分煙が行われているのでしょうか?

FILE 1. 宿泊者の喫煙スペース利用頻度

  • Q.

    宿泊施設では、喫煙スペースはどのくらい利用されているの?

    A.

    喫煙者のほぼ全員が1日1回は共用部の喫煙スペースを利用。宿泊場所を選ぶときにも、喫煙ができる環境が重視されています。

FILE 2. 利用しやすい喫煙スペースの条件

  • Q.

    どんな場所にある喫煙スペースが便利なの?

    A.

    ロビーと客室フロアの喫煙スペースが利用しやすく、全館禁煙の場合はその宿泊施設を利用しない人もいます。

FILE 3. 非喫煙者の分煙に対する意識

  • Q.

    非喫煙者はどのくらいの人が喫煙を許容しているの?

    A.

    非喫煙者の喫煙許容度は6割以上と高く、喫煙者同伴時にはその傾向がさらに高まっています。

FILE 4. 喫煙環境の問題点

  • Q.

    今の喫煙環境にはどんな問題があるの?

    A.

    喫煙者や非喫煙者、双方にとって「喫煙スペースや客室のニオイや煙」が問題視されています。

ご相談は無償で承ります。まずはお気軽にお電話ください。