飲食店

分煙にはさまざまなカタチがあります。お客様のニーズをしっかり捉えて、お店の特徴に応じた効果的な分煙手法を活用することが重要です。

飲食店における分煙のニーズ

たばこを吸われる方にとって、喫煙できるかどうかは飲食店を選ぶ際の大きな要素のひとつ。禁煙にしたら喫煙者のお客様が減ってお店の売上が落ちてしまった、という事例も実際に起きています。一方、たばこを吸われない方も、煙やニオイを迷惑に感じることはあっても、その多くは全面禁煙までは求めていないのが事実です。

飲食店は食事やお酒、会話などを楽しむ場であると同時に、商談や待ち合わせなど、さまざまな用途で利用されています。そして、利用するすべての方々が快適に過ごせる環境であることが求められています。

たばこを吸われるお客様と吸われないお客様、双方に快適に過ごしていただき、より多くのお客様にご来店いただくためのひとつの解決方法が「分煙」なのです。

ご相談は無償で承ります。まずはお気軽にお電話ください。