よくあるご質問

設備

  • Q.

    喫煙室外に煙・においが漏れて困っています。どうすればよいですか?

    A.

    喫煙室へ向かう気流が、確保されていないと考えられます。対策としては、排気風量を上げて喫煙室へ向かう気流を確保するか、のれんなどを入口に下げて、喫煙室から室外への気流を抑えることが有効です。

  • Q.

    喫煙室内に煙・ニオイがこもって困っています。どうすればよいですか?

    A.

    たばこの煙やニオイを除去するには、排気設備が必要です。喫煙室内に新たに排気設備を設置するか、排気設備のある場所へ喫煙室を移設するか、検討してみたほうがよいでしょう。
    換気扇を設置していてもニオイが気になる場合は、排気能力が不足していることも考えられます。喫煙室内に煙がこもっている場合は、排気設備の増強を検討してもよいでしょう。また、給気が不足すると排気能力が出ません。喫煙室の扉に、給気のためのガラリを取り付けるなどして、必要な給気を確保するようにしましょう。

  • Q.

    排気風量はどのように設定すればよいですか?

    A.

    次の二つの要素を比較して、風量の大きい方を排気風量の目安としてください
    ・非喫煙場所から喫煙室方向に、一定の空気の流れを(0.2m/秒以上)確保する排気風量(㎥/時)
    算出式:0.2(m)×開口面積(㎡)×3600(秒)
    ・喫煙スペースにおける浮遊粉じん濃度0.15mq/㎥以下にする排気風量(㎥/時)
    算出式:10(mg)×1時間あたりのたばこ消費本数/0.15(mg)

  • Q.

    給気はどのように設定すればよいですか?

    A.

    排気風量と同等の給気量が確保できるよう設定しましょう。喫煙室は常に負圧に保つことが望ましいため、ガラリやパスによる自然給気(第三種換気)が望ましいです。

  • Q.

    換気回数はどの程度を目安に設計すればよいですか?

    A.

    喫煙室の広さや、利用人数、入口の面積等によって必要な排気風量は異なりますので、一概に換気回数の目安を設けることはできません。排気風量を設定する場合は、換気回数ではなく、入口風速(0.2m/秒以上)と浮遊粉じん濃度(0.15mg/㎥以下)を確保する排気風量のうち、大きい方を目安としてください。
    参考までに、換気回数の計算方法は、排気風量÷容積で求めることが出来ます。

  • Q.

    構造上の問題で排気を増強できない場合、煙・ニオイの漏れについて解決策はありますか?

    A.

    空気清浄機・脱臭機やエアカーテン・ロールカーテン・分煙機等による対策があります。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。

  • Q.

    エアコンを設置することは問題ないですか?

    A.

    設置自体に問題はありませんが、エアコンが吹き出す気流の向きによって、煙や煙の混ざった空気を喫煙スペースの外に向かって吹き出してしまわないようご留意ください。

  • Q.

    分煙機の効果はありますか?

    A.

    浮遊粉じんを減らし、煙やニオイを抑える効果があります。ただし、完全に煙やニオイを取れるわけではないため、補助的に活用することをお勧めします。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。

  • Q.

    エアカーテンの効果はありますか?

    A.

    開口面積を狭めるのと同じ効果があります。扉や壁を設置できなかったり、見た目の解放感を重視する必要があるなど、開口部を完全にしきれない場合に有効です。

  • Q.

    扉はどのようなタイプがよいですか?

    A.

    喫煙スペースの扉は設置しない方が煙が漏れにくいですが、設置する場合には、開き戸よりも引戸が適しています。

内装

  • Q.

    どのような内装材をつかえばよいですか?

    A.

    • 壁紙

    汚れ防止、消臭等の機能を付加した機能性壁紙が適しています。また濃い色の方が汚れが目立ちません。

    • 床材

    陶製タイル、耐シガレットタイル等の熱に強く、清掃しやすい床材が適しています。
    反対にカーペット、Pタイル、木製の板床等は熱に対する安全性が低く、汚れやすいので喫煙スペースには適しません。
    詳しくは各メーカーにお問い合わせください。

  • Q.

    光触媒の効果はありますか?

    A.

    空気清浄機の脱臭方式にも使われており、たばこのニオイを分解して脱臭する効果があります。ただし、完全に分解するには一定の時間がかかるため、給排気をしっかり確保した上で補助的に使用することをおすすめします。

助成

その他

  • Q.

    【飲食】エリア分煙・時間分煙等手法が多々ありますが、どの方法が一番良いですか?

    A.

    施設や状況に応じて様々な分煙手法があります。JTでは分煙コンサルティングを無償にて実施しておりますので、お気軽にお問合せください。

  • Q.

    【飲食】禁煙席側に煙・ニオイが漏れないためには何が重要ですか?

    A.

    禁煙席から喫煙席に、一定の空気の流れを確保することが重要です。排気は喫煙席側に設け、給気は禁煙席側に設ける等して、禁煙席に煙・ニオイが漏れないような気流を形成しましょう。

  • Q.

    【飲食】レイアウトで気を付けるポイントはありますか?

    A.

    基本的には、たばこを吸われない方が喫煙エリアを通過せずにすむレイアウトがよいでしょう。

  • Q.

    置くだけで、喫煙室になるようなパッケージはありませんか

    A.

    「喫煙ブース」を扱っているメーカーがあります。屋内に、喫煙ブースを設置する場合は、消防法の確認など注意事項がありますので、メーカーや管轄の消防署と、よく相談してください。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。一部の商品は以下HPにも掲載しております。

ご相談は無償で承ります。まずはお気軽にお電話ください。