• SMOKERS’STYLE  COMPETITION 2016
  • 過去の受賞作紹介
SMOKERS’STYLE COMPETITION 2016
応募要項
「SMOKERS' STYLE COMPETITION」は、今回で7回目の開催になります。
当コンペでは「人を分けずに煙を分ける」をテーマに、場所を隔てることなく、たばこを吸われる方にとっても吸われない方にとっても快適で双方が共存できる環境の実現を目指し、その分煙空間づくりを模索してきました。

2006年の室内パブリックスペースにおける「分煙」のあり方を広く求めたテーマに始まり、2007年にはさまざまな人が集い語らう場であるカフェでの「分煙」のアイデアを募集し、実際に優秀アイデアを実現。2009年は東京都世田谷区・自由が丘駅南口緑道(通称:グリーンストリート)のパブリックスペースでの喫煙スタイルのアイデアを募集。2010年はオフィスビル1階に新設するカフェのアイデアを募集し、最優秀案をベースにした空間を実現。2012年はオフィス街の屋外広場でのアイデアを求めました。2013年もオフィス内部のパブリックスペースでたばこを吸われる方と吸われない方が共に快適に過ごせるスペースの使い方を募集し、実際に東京・神保町「テラススクエア」内1階にアイデアを具現化しています。

今回は、高層ビルの足元、屋外空間におけるアイデアを募集します。
近年、大規模開発が盛んに行われる中、開発敷地内においては公開空地や緑化空間の創出と合わせ、空間の効果的な活用方法が求められています。ある時は人びとが憩える場所として、ある時はイベントが開催される場所として、さまざまな活用が期待できる緑道・緑地空間で、ここを舞台にたばこを吸われる方と吸われない方双方が快適に過ごせる提案を求めます。

都心の屋外空間においては、2012年にもオフィス街の屋外広場でのアイデアを求めましたが、今回はできるだけ簡単に設置でき、かつ、場面によって使い方を変えられるようなもの、また、緑の多い敷地の中で、人が心地よく居られる手がかりとなるような提案を期待します。具現化を前提としたものではありませんが、プロポーザル部門入選作は事業者への推薦を検討致します。また、今回も優れた実施例を競う作品例部門も前回と同様に広く募集いたします。

応募は締め切りました。
多数のご応募、ありがとうございました。
応募要項の詳細はコチラ!