キセル

概要

刻んだたばこ葉を火皿に詰めて、吸い口から喫煙します。日本では紙巻たばこが主流になる前は、もっとも一般的な喫煙方法でした。

発祥

日本や中国、朝鮮半島など東アジア地域で親しまれ、日本では江戸時代からキセルでの喫煙が広がりました。喫煙が文化的な嗜みとして幅広い身分に広まるとともに、さまざまな形状のキセルが生み出され、蒔絵や彫金などの装飾が施されたものもありました。

構造

先端に火皿がついた「雁首」、たばこの煙を通す「羅宇」、煙を吸う「吸い口」の3つから構成されます。火皿と吸い口を金属などで作り、羅宇に竹や木などを用いた「羅宇キセル」と、すべてを金属で作った「延べキセル」の2種類に分けられます。

愉しみ方

「粋」なアイテムとしてのこだわりを愉しむ

江戸時代、キセルは持つ人の個性を映し出すアイテムでした。キセルを持ち運ぶ「たばこ入れ」にもさまざまなものがあり、人々の”マイキセル”へのこだわりは強かったようです。現在でも日本の「粋」な文化を象徴するアイテムとして、根強い愛好家がいます。

日本独特の「細刻み」

キセルに詰めるたばこ葉には、「細刻み」という髪の毛ほどの細さに刻まれたものが用いられていました。その吸い味はマイルドで、軽い味わいが特徴的です。細刻みたばこは日本特有のもので、細く刻むために、乾燥させた葉の皺を広げるという独自の工程や、切れ味のよい包丁による刻みの技術が生まれました。

キセルの歴史・エピソード

キセルに関する歴史・エピソードを紹介します。

煙管[キセル]

江戸時代の喫煙に欠かすことのできなかったキセル。時代の流れとともに、その形状は変化し、さまざまな細工が施されていきました。時代ごとの喫煙風習やキセル事情を振り返りながら、現代において再び注目を集めるキセル細工の美しさや形などを見てみましょう。

伝統ある喫煙具文化を伝えるために

新潟県・燕市。金物作りで知られるこの街は、かつてキセルの一大産地でした。紙巻たばこの普及による需要の減少で燕市のキセル製造業は数少なくなったものの、この地では、今もキセルが日々作られています。そこで今回は、キセル作りの伝統を今に伝える、燕市のキセル職人・キセル工場を訪ねてみました。

「細刻みたばこ」作りの道具たち

キセルの喫煙に用いられる「細刻みたばこ」。日本ならではの、この非常に細い刻みのたばこは、江戸時代後期(19世紀前半)から、現在の「こいき」に至るまで作り続けられています。今回は、この「細刻みたばこ」を作り出す道具に注目。手刻みから、現在の機会刻みまでの変遷を見ていくことにします。

江戸時代の「刻みたばこ」の製法

「刻みたばこ」の主原料は、日本古来の銘柄である「在来種」。香料は一切添加されず、「葉たばこ」本来の香りや味を生かした「たばこ」です。江戸時代から明治初期までの約300年間、日本の喫煙は「キセル」を使った「刻みたばこ」が主流になり、「刻みたばこの専門店」も数多く存在しました。店先で、おかみさん(かか)が「葉たばこ」を刻みやすいように巻きそろえ、それを職人である主人(とと)が刻んで売ることから、この「刻みたばこ専門店」は“かか巻、とと切”と呼ばれました。

関連リンク