たばこの種類

たばこにはさまざまな種類があります。ここでは代表的な紙巻たばこをはじめ、葉巻やパイプといった有名なものから、たばこベイパーなどの新しいたばこ、さらに電子たばこや着火道具のライターなどについてもご紹介します。

さまざまなたばこ(喫煙具)

紙巻たばこ(シガレット)

私たちが普段目にする機会が多い、もっともメジャーなたばこです。

葉巻(シガー)

葉たばこのみを巻き上げて作られるたばこ。もっとも歴史が古く、現在でも愛好者が多いたばこです。

パイプ

パイプにたばこ葉を詰めて喫煙するタイプのたばこです。喫煙具としてのパイプにはさまざまな種類があります。

キセル

日本では江戸時代から親しまれ、紙巻たばこが主流になる前は、もっとも一般的な喫煙方法でした。

水たばこ(シーシャ)

水パイプという喫煙具を用いて喫煙するたばこです。中東を中心に古くから親しまれています。

無煙たばこ

鼻や口に直接たばこを含み、たばこの味・香りを楽しむ煙の出ないたばこです。「嗅ぎたばこ」と「噛みたばこ」があります。

たばこベイパー

たばこ葉を使用し、たばこ葉を燃焼ではなく加熱させ、発生する蒸気(たばこベイパー)を愉しむ製品です。

電子たばこ

電子たばこ

たばこ葉を使用せず、装置内もしくは専用カートリッジ内の液体(リキッド)を電気加熱させ、発生する蒸気(ベイパー)を楽しむ製品です。

着火道具

ライター

たばこを嗜む方にとっては欠かせないアイテムです。ライタ―の仕組みやメンテナンス方法など、知っておきたい基礎知識をご紹介します。

マッチの世界

火をつける用途はもちろん、ラベルやマッチ棒のバリエーションなどデザインも楽しめるマッチの知識をご紹介します。