パイプ

概要

粗く刻んだたばこ葉をパイプのボウル(火皿)に詰め、吸い口から喫煙します。喫煙具としてのパイプにはさまざまな種類があり、現在でも多くの愛好者がいます。

発祥

パイプが使用され始めた正確な年代は不明ですが、メキシコや北米の先住民の遺跡から土製パイプが出土しており、古くからパイプ喫煙が行われていたことが判明しています。16世紀後半にはイギリスでクレーパイプ、18 世紀にはドイツを中心に木製・陶磁器製のパイプが広まっていきました。現在のパイプの主流であるブライアーパイプは19世紀に誕生しました。

構造

パイプはたばこの葉を詰める「ボウル」、煙の通り道となる「ステム」、吸い口の「マウスピース」の3つから構成されます。

愉しみ方

深い味と香りをゆったりと愉しむ

パイプ喫煙は、慣れれば数十分もの喫煙が可能です。自然な呼吸を繰り返すようにして、深い味わいと香りをゆったりと愉しむことができます。またパイプ自体を使い込んでいくことも愉しみのひとつです。

パイプの種類

パイプの種類や用いられる素材はさまざまです。主流のブライヤーパイプは、ツツジ科の木の根部分を素材に用いており、軽くて丈夫で耐火性に優れています。また海泡石を素材にしたメシャムパイプ、トウモロコシの芯を使ったコーンパイプ、粘土を素材にしたクレーパイプ、ひょうたんが素材のキャラバッシュパイプなど、さまざまな素材のパイプがあります。

パイプの歴史・エピソード

パイプに関する歴史・エピソードを紹介します。

パイプ・ユーザーへの道

パイプは、たばこを吸う道具。それは誰でも知っているでしょう。でも、パイプの楽しみは、意外に知られていないはず。パイプって、自分好みのデザインが選べたり、たくさんの味や香りが楽しめたりと、実はとっても奥深い世界なんです。今回は、もっともポピュラーなブライヤーパイプを中心に、パイプ・スモーキングの初歩を紹介していきます。

HAND MADE PIPES

「パイプ」とひと言でいってもたくさんの種類があり、どんなものを選べばよいのか分からないくらいです。そんな中、今回注目した「ハンドメイド・パイプ」は多くの人に愛され、多数のコレクターがいます。何がそんなに人々を魅了するのか?パイプ選びのヒントとなるその魅力を探ります。

ホームズとたばこ

「シャーロック・ホームズ」―ー大英帝国が絶頂期を迎えた19世紀後半に活躍した、この名探偵彼のトレード・マークといえばパイプ。ところが彼は、パイプだけではなく、「紙巻たばこ」や「葉巻」などいろんなたばこを吸っていました。その上、パイプたばこと葉巻の保管に際しては、”奇妙な習慣”さえ持っていたのです。

炎の画家ゴッホ

激情を感じさせる筆致と大胆な色使いで、世界的に高い人気を集める画家・ゴッホ。しかし、生前に売れた彼の絵はたった1枚だけだったといいます。わずかな生活費を画材とモデル代につぎ込む暮らしの中で、彼が心のよりどころとしたものの一つがパイプ喫煙でした。膨大に残る肖像画と弟・テオに送った書簡から、偉大な画家の生涯をたどってみましょう。

関連リンク